プロセス管理でワークフローを作成しよう!セミナー開催報告

こんにちは。10月25日(火)にkintone(キントーン)中級者様向けに「プロセス管理でワークフローを作成しよう!!」セミナーを開催しました。

0001

フロー図で「ステータス」と「アクション」を考える

kintoneで交通費申請や稟議決済アプリを作成し、プロセス管理機能をワークフローとして利用している方も多いと思いますが、プロセス設定やアクセス権の設定が難しくどのようにすればよいかお悩みの方もいらっしゃると考え、プロセス設定とレコードのアクセス権をご案内させていただきました。

0002

kintoneのプロセス管理を設定するには、「ステータス:レコードの処理状況」と「アクション:ステータス切り替え」の理解が欠かせません。
「ステータス」と「アクション」を作成したいフローとの関係を確認した後に設定いただきました。
そして、レコードのアクセス権でステータス(処理状況)によって権限を設定することで、運用に合わせた設定ができることをご案内させていただきました。

kintoneプラグインのご紹介

kintoneには基本機能を拡張するプラグイン機能というのがあり、プラグインを利用することでkintoneの機能を拡張することができます。プラグインを活用して業務効率UPをご検討いただいてはいかがでしょうか。*弊社現在ご提供中のプラグインについてはこちら

03

弊社kintoneを便利に使う方法を紹介するブログ「申請したレコードを上司以外編集できないようにするには」でもプロセス管理をレコードのアクセス権で設定する内容をご紹介しています。
ご興味のある方は、是非ご覧ください。

次回は11/29(火)「一歩先行くkintone活用!プラグインで作業効率UP」を開催いたします。
kintone(キントーン)の基本機能でどうしても実現できないこともあります。
プラグインを使うことで、プログラミングの知識がなくても一歩先の活用が可能です。
プラグインの活用により作業効率UPにも繋がりますので、ご参加いただいてはいかがでしょうか。

 

コメント0

*
*
* (公開されません)