142名参加!第3回釧路地域クラウド交流会を終えて。ちいクラが大好きです。
219a5325

去る2016年11月23日。142名の参加者と共に、第3回釧路地域クラウド交流会を無事終えることが出来ました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

釧路では今年最後のちいクラ!

6月にスタートして、9月、そして11月が年内最後となりました。
今回は、『くしろリデザインプロジェクト・ユニット』を率い、釧路公立大学地域経済研究センター長である佐野修久教授による、クラウド勉強会からスタートしました。

219a4942

リノベーションが持つ街を再生する力について、事例を交えて丁寧に説明してくださり大変勉強になりました。特に空き家、空き店舗問題はどの地域でも課題に上がりますが、逆にいうと釧路にはたくさんの可能性を秘めたビジネスチャンスがあるんだということが、佐野先生のお話からも気づかされましたね。
『くしろリデザインプロジェクト・ユニット』の活動が今後始動します。多くの釧路市民が参加して、街を作り上げていくことに協力していくといいですね。

魅力の宝庫!釧路・道東の起業家5名

今回のプレゼンターも1回目、2回目に負けない、熱い想いを持った5名にご参加いただきました。

219a5049

レトロゲームルームの8bitの草彅さん。実は第1回目にも参加頂いたのですが、その時は自分から声をかけることなく途中で帰られてしまっていました。うまくフォローができなかったなあと反省しつつ、その後交流を深めてもらい、ついに「自分から動かなければ何も始まらない!」と、第2回目が終わった後すぐにプレゼンターに立候補してくださいました!四宮としても、草彅さんの前向きに変わっていく姿をずっと見てきましたので、本当に想いを人に話すというのはこれほど力をもらい、力を授けてくれるんだというのを実感しました。一番の問題児が優等生に変わったみたいな、そんな気持ちです(笑)レトロゲーム8bit。ぜひご利用ください!童心に戻ることができる、楽しい空間です。

219a5060

大日向さんは釧路公立大学に在学中で、北海道学生研究会『SCAN』の代表を務める大学生。今回、社会人に混ざって合同研究会についてのプレゼンをしてくれました。
地域と地域の大学生が繋がることで、より若い人の意見が反映されるよいきっかけになると思います。そして、人と繋がることで若者が地域にもっと目を向け地元の魅力の発信、掘り起こしを一緒にしてくれることを楽しみにしています!

219a5069

『ふぇーぶる・らぽーる』代表でプレゼン予定だった魚住さんの代役を急遽務めてくれた中島さん。釧路の女性たちの「なにかやりたい」という気持ちを、ゆるーくつながりながら応援する、プロデュースする活動をしていきたいという四人の女性の団体です。この気持ち、すごく私もわかります!ガチガチのスポ根のような「仲間!」じゃなくて、「ゆるーく繋がる」というコンセプト。子育てしているママやまだ自信を持ちきれない人をそっと後押ししてくれるような存在は大切ですよね。

219a5083

『てしごと工房sou-H&S』の五十嵐さん。彼女の仕事道具は彼女の「手」
包容力のある優しいその手で、オーダーメイドカバンや子供服などを作っています。
その中でも彼女がプレゼンをしてくれたのは、「ふんどしパンツ」しめつけないパンツが体の血流を止めず、全身にめぐり健康的になるというお話。お子さんにちょこちょこいたずらされながら、和やかにプレゼンが進められました。彼女のオフィスは第2回プレゼンターの相座さんが運営するくしろフィスにあります。
ふぇーぶる・らぽーるさんもくしろフィスさんでの活動を多くされています。みなさんが繋がって、色々な形でチームが出来上がるのがいいですね。
小さなお子さんを抱っこしながらプレゼンをしてくれた中島さんと五十嵐さん。働くママとして、これからのご活躍応援していきたいと思います!

最多得票は川湯温泉で無農薬農園を経営する女性、廣瀬さん

219a5097

廣瀬さんが経営する農園は弟子屈町川湯温泉に位置し、釧路から少し離れた場所にあります。彼女はご自身の食物アレルギーで大変な思いをした経験から農園をスタートされました。農園を立ち上げて2年。手探りで進めながら近隣のレストランやネット販売などを行っているものの、今年の冷夏で作物がダメになったり、試行錯誤で進められているということ。廣瀬さんのご自身の経験や一生懸命に取り組まれている姿について、多くの皆さんの応援投票が集まりました。

219a5264

kintoneの1年間無料の権利をゲットした廣瀬さんには、IT×農業でジョイゾーがサポートしたいと思ってます!
廣瀬さん、待っていてくださいね!!

ちいクラは垣根なく人を繋げる魔法の場所

219a5159

蝦名釧路市長と釧路公立大の学生さん(後ろにドッキリを仕掛けてきた、サイボウズの永岡さんが!)蝦名市長は最後までご参加いただき、ご講評でも「ちいクラを来年も応援します!」と言ってくださいました!本当に後押し、よろしくお願いします!

219a5168

釧路にくるって言ってなかった、ちいクラの母(発案者)サイボウズ永岡さんが突然登場でびっくり!
「ドッキリ、大成功!!」(昭和の子はすぐイメージがついちゃう)

219a5149

小さなお子様がたくさんくるのが、釧路のほんわかいい感じなんです。みんな遊びに来てくれて、ありがとう。

219a5180

お面登場もありです。ゆるいんです(笑)ちいクラは。ビジネスマッチングだけじゃない、人との繋がりが大切です。

219a5187

いつも受け付けを手伝ってくれて、安心してお任せできる釧路信用組合の皆様。感謝しても感謝しきれないです!

219a5203

ハンドメイド作家でもある川下さん、うつくしろ(くしろフィス)相座さん、日本政策金融公庫釧路支店の宮原さん

219a5226

いつも音響をお手伝いいただいているマッハコーポレーションの川村さん、釧路長期滞在ビジネス研究会の高橋さん、釧路信用組合の内山さん
投票所をお手伝いしてくれた6名の皆様。いつもありがとうございます。

219a5209

親子で初参加。アフター交流会にも一緒に参加してくれました。(男性は第2回プレゼンターの松本さんです!)

219a5222

釧路出身の秋田谷さんが活動している音楽ユニットのスピカペラ。モエコさんとお二人で来てくださってたんですよ!!
ライブの告知、できなくてごめんなさい。
今後もぜひちいクラを通じて、応援させてくださいね!
たくさんの方が参加してくれました。本当に何度もいいます。ありがとうございます!
11/23の様子などは、こちらのイベントページから見ることができます。
釧路地域クラウド交流会Facebookイベントページ
当日の動画もありますので、ぜひ様子を見てみてくださいね。

来年もやります!皆さんお気軽にちいクラへ参加してください

写真からは伝わらないかもしれないですが、ちいクラに参加した人はその場だけの楽しさや感動だけじゃなく、継続した活動やイベント参加などに繋がっています。
地元だと思っていても、まだまだ知らないことがたくさんあります。
釧路ちいクラに参加してくださった方は、述べ400人を超えましたが、まだ400人/17万人。ほら、まだまだ知らないことが多そうですよね!
来年も開催していきます。
もっと四宮も釧路という街の魅力を知って、PRしていきたいと思いますので、私とぜひ繋がってください!よろしくお願いします♫

最後にちいクラに感謝

219a5331

晴れて、プラチナマスター認定オーガナイザーというものに昇格しました。来年以降もちいクラで皆さんに幸せで前向きになれるプラットフォーム作りを頑張ります!

img_1968-1

そして、ちいクラを通じて、北海道新聞のコラム「ひと2016」に取り上げていただきました。
これもひとえに釧路の皆さんのおかげです。ありがとうございました。
(出展:2016.11.22 北海道新聞朝刊)

ページのトップへ