kintoneとチャットをボットで連携。kintone×directで実現する働き方改革。セミナー開催報告

こんにちは。6月23日(金)にサイボウズ株式会社様で、株式会社L is B様と共催セミナーを開催しました。
最近注目を浴びてきているビジネスチャット。リアルタイムにコミュニケーションが取れるビジネスチャットと蓄積されたデータを元にコミュニケーションをはかれるkintoneを組み合わせることで今まで実現ができなかった新しい働き方をご紹介させていただきました。

様々な現場ニーズを満たす「direct」

ビジネスチャットは2種類に分けられることをご存じでしょうか?
業種に合わせて「デスクワーカー」向けと「フィールドワーカー」向けへ進化しています。
「direct」は「フィールドワーカー」向けビジネスチャットです。
現場向けの「direct」を利用した、現場の働き方改革実例をご案内していただきました。

様々な現場での活用

業種や業態によってニーズは様々ですが、「direct」を利用することで現場の働き方を変えることができます。
「direct」の導入で業務時間を短縮するだけでなく、全員でのフォロー・円滑な指示・報告へ繋がります。
・営業現場
 社外と社内がリアルタイムでつながる連絡手段
・販売現場
 服飾販売店舗などの装飾確認
・建設現場
 写真・動画で、図面と現場の詳細確認
・接客現場
 ホテルなどの迅速なお客様対応を実現し品質向上
・災害時の安否確認
 一斉連絡(安否確認)で、被害状況把握

ボット連携で現場の働き方を改革

フロー型のコミュニケーション「direct」とストック型のコミュニケーション「kintone」を連携することで、現場の働き方は大きく変えることができます。

モバイルで日報を作成したり、現場情報をその場で報告書にして社内共有したいなど報告をしたいなどのニーズも実現できます。
ボットと会話しながら必要な情報をkintoneへ登録、kintoneから情報取得することも可能です。

PCを使わずにスマートフォンやタブレットから報告や登録データの確認が容易に行うこともできます。
情報共有基盤としてのkintoneと入力インターフェースしてのdirectを「つなぐ」部分の開発なので、低コストで連携システムの開発が可能です。
革新的な働き方改革へつながる「kintone」と「direct」との連携をご検討いただいてはいかがでしょうか。

次回は8月10日(木)大阪にて開催

詳細は今後弊社セミナー情報ページにて告知いたします。
大阪セミナーでもたくさんの方のご参加、お待ちしております。

*
*
* (公開されません)