楽しそうなやつは大体ジョイゾー!CybozuDays出展報告:kintonehack編

楽しそうなやつは大体ジョイゾー!CybozuDays出展報告:kintonehack編

こんにちは!おそらさんです。最近は #クソ物件オブザイヤーの赤本を買うかどうかで迷っています。

さて、去る2018年11月7日と8日に、サイボウズの年一の総合イベント「Cybozu Days 2018」が開催されました!kintoneを活用した39万円でできる業務改善「システム39」を主事業とするジョイゾーにとっても一大イベントです。

その模様をお届けするこのシリーズ、今回はジョイゾーから2名がエントリーしたkintone上で躍動するハッカーたちの祭典「kintone hack」編です。

技術者たちの信念をかけた熱い戦い「kintone hack」

kintonehackは「kintoneの可能性を広げる」をテーマに、6分間の持ち時間で、技術者たちがそれぞれのkintoneカスタマイズを披露します。来場者の方にその場でプレゼン内容を評価していただき、チャンピオンを決定するこの戦い。昨年はジョイゾー代表の四宮が「スマートスピーカー×kintone連携」にてチャンピオンとなりました。

2018年は6月に予選会を行い、ジョイゾーから星野、山下の2名が予選を突破し、本戦に出場!晴れてCybozuDays当日を迎えることとなりました。

 

「楽しいは正義!kintoneで逃走中!」四宮靖隆

まずは、昨年チャンピオンのジョイゾー代表四宮によるエキシビジョンhack!
LoRaデバイスをヘルメットに装着させて、「逃走中」を再現しました!GPSを用いて、kintone上で参加者の位置情報を把握。トラブル時はヘルメットのボタンを押すことで、kintone上にアラートも飛ばせます。
詳細はぜひスライドをご覧ください!

 

「kintoneの「誰でも簡単に」 を更に突き詰めてみた」星野智久

ジョイゾー星野は、日々のユーザー様と接する中で感じた「設定画面がよりわかりやすくなれば、もっとみんなkintoneが使いやすくなるのでは」という仮説を元に、設定画面のユーザービリティ向上を実現したhackを披露しました!詳細はスライドをご覧ください。

 

「クラウドトレンドを先取り&実践するkintone活用」山下竜

ジョイゾー山下は、端末の近くでデータ処理を行い、システムへの負荷や通信遅延を下げる「エッジコンピューティング」をテーマに、ドローンのカメラから特定の人を検知し、kintone上でレポートを作成したり、関係者に通知を送るhackを披露しました!

詳細はスライドをご覧ください!

他のhackerも熱かった…!!

他にも、kintoneカスタマイズがコーディングなしで実現できる「Gusuku Customine」を活用してkintone上からお家の電気を消すシステムを作ったサイボウズ鈴木さん、スマートスピーカーからkintoneを操作するカスタマイズを実現したR3の浅賀さん、kintoneJSカスタマイズのフレームワークで全人類kintonehacker化を目指すソニックガーデンの赤座さんtwlioの下支えにより実現するkintone×LINE連携をお披露目されたKDDIウェブコミュニケーションズの高橋さんなど、みなさまとっても熱いhackでした…!

また、投票の集計中にはhackerとマジシャンがコラボ!イリュージョンとカスタマイズが交錯する世界が眼前に。

今年のチャンピオンはヤマリュウ!

熾烈な戦いの末、優勝したのはジョイゾー山下竜!

おめでとう〜!そして本戦ご参加のhackerのみなさま、感動をありがとうございます…!(全私は泣いた)

副賞として、サイボウズ日本橋オフィスのキリンさんに1ヶ月変身できる権利をいただきました。山下キリンと握手できるのはいまだけ!サイボウズに急ごう!

 

*
*
* (公開されません)