kintoneが好きならAWSも楽しい!「re:invent」参加レポート

こんにちは、ジョイゾーの星野です。
いつもは新潟でkintoneの開発を行っています。
が、なんと!
11月末はラスベガスにいました!


さて、11月26日〜30日に開催された、AWS(Amazon Web Service)の
カンファレンスイベント
「AWS re:invent」はご存知ですか?年に一度、
AWSの最新リリース発表会と新サービスのワークショップ(勉強会)を
詰め込んだ、エンジニアにとってワクワクのとまらないイベントなんです。

ジョイゾーでは、毎年持ち回りでメンバーが参加しています。
現地で世界中の技術者と交流し、最新技術を学び持ち帰ることで、
会社全体の技術スキルアップを目指しています。

2018年は星野が参加してまいりました!

※AWSとは?
Amazonが提供するウェブサービスの総称です。
クラウドコンピューティング上で、ストレージ、データベース、分析、
開発者用ツール、IoT、セキュリティなどといった多種多様なサービスを
提供しています。あらゆる企業がAWS上で、ウェブアプリケーションの
展開や
、データ処理基盤を実装を行っています。

巨大なホテルが7個も貸し切られ、完全に「Amazon Web Service の街」と
化したラスベガスの町では、連日のように新しいサービスが発表され、
朝から晩まで新サービスのワークショップが開催されます。
非日常な世界観の中、各国のエンジニアと切磋琢磨できる時間。
技術者としてのモチベーションは爆上がりです。

kintoneが好きならAWSも楽しい!

ジョイゾーはサイボウズ社の「kintone」を使ったシステム開発を主軸とする
会社です。なぜこれだけAWSに注目しているのでしょうか。
それは、kintoneとAWSが非常に相性のよいサービスだからです。

大量のデータ処理や、時間単位でのバッチ処理といったkintoneの
苦手とするところは、AWSのサービスを使うことで低コストで実現できます。
ユーザーが入力する画面や、フローが頻繁に変わるような業務は優しいUIの
kintoneで作成し、自動化できるところはAWSのサービス群を活用する。
弊社でも多くのお客様の業務課題を、kintone×AWSコンビで解決してきました。

プラグインを活用してみたり、JSでの画面カスタマイズにチャレンジし始めた…
そんなあなたにはぜひ、AWSにも興味を持っていただきたいのです。

そこで本日は、2018年のre:inventでリリースされた、
kintoneと相性のいいサービスを3つご紹介いたします。

Amazon Textract


Amazon Textract は、スキャンした文書からテキストおよびデータを
自動的に抽出するサービスです。が、それだけじゃなくこのサービスは、
それぞれの文字列が文書内でどんな意味をもっているのか、ブロック分けが
できるんです

例えば、紙で出してもらっている営業報告書をkintoneで電子化したい…
となった時でも、「会社名」や「報告内容」といった文章内の文字列を、
Amazon Textractを用い、kintoneアプリのフィールドとして指定することで、
さくさくとkintoneアプリに移し替えることができます。

電子化したくても、紙で管理してきた歴史が長すぎて、いまさら変えられない…
という企業様にとって、電子化のハードルを格段に下げる、非常にいい
組み合わせなのではないでしょうか。
日本語対応が待ち遠しいです。

Amazon Forecast

Amazonが自社ビジネスにおいて取り組んできた「時系列予測」のノウハウが
結集されたこのサービス。時系列で管理されたデータの予測を生成することが
できます。


例えばkintone上で行っている売上管理をAmazon Forecastで分析し、今後の
自社繁忙期を予測したり、kintoneで管理している各拠点の配送センターの
受発注業務の頻度を分析し、梱包資材の今後の需要を確認し、予算を早めに
確定させる…といったことが可能になるかもしれません。

 

AWS Amplify Console


モバイルで使うウェブアプリを公開する環境をすばやく用意できるサービス。
新機能のスムーズなリリースを助けます。
これの活用で、部署専用kintoneモバイルアプリも作れるかもしれません…!
営業さんがスマホで見たい顧客管理アプリや契約書アプリだけに
アクセスしやすくなるモバイルkintoneアプリ…とっても便利ですよね!

 

ブロックチェーン、自動運転、ロボット開発…ワクワクは止まらない!

今回ご紹介したのは、kintone目線で選んだサービス3選でしたが、
他にも注目のサービスが盛りだくさんでした。

AIエンジニア育成に本気を出したAmazonが放つAIラジコンカー「AWS DeepRacer」。
クラウド上のシュミレータで自律学習させたモデルをDeepRacerに搭載すると、友達とレースゲームを楽しめます。今後AWSは世界各国で「AWS DeepRacer
League」を開催し、このDeepRacerの成長を加速化させていくそうです。

 

大本命のブロックチェーンネットワーク構築サービスAmazon Managed  Blockchain

Amazonロジスティクスの真髄なのかもしれない「AWS RoboMaker

パートナーブースも盛りだくさんで、カジノに行く暇もないまま、
あっという間に1週間が過ぎ去っていきました。
日本とタイミングが合う時には、Webミーティングで打ち合わせも行えたので、
あらためて時間と場所にとらわれない働き方の重要性を感じた日々でもありました。

 

技術者も冒険しよう

AWSのイベントはもちろんすべて「英語で」行われます。
自分が1年間勉強して培った英語が通じるのか、といった意味でも刺激の多い
このイベント。私もたくさんの海外エンジニアと情報交換にチャレンジしました!
それぞれの国でも注目しているサービスに違いがあったりして、
日本での感覚をフラットにできる、という意味でもとても貴重な時間です。

これを見て興味を持ったそこのあなた、保湿クリームとリップクリーム
(ラスベガスは乾燥がすごい)を持って、ぜひ来年一緒にre:inventを楽しみましょう!

 

*
*
* (公開されません)