Backlogプラグイン

本日、kintoneの「Backlogチケット連携プラグイン」が公開されました(プレスリリース)。一言で言えば、kintoneアプリでやっている課題やタスクの管理のレコード情報をBacklogの課題に連携するプラグインです。

BacklogTicketPlugin

案件の9割がkintone-SIのジョイゾーではお客さまとのコミュニケーションをkintoneのゲストスペースで行うことがあります。一方、社内ではkintoneのカスタマイズ用のファイルの管理(Git)や開発者間のタスクマネジメントにBacklogを利用しています。

2つのコミュニケーション・コラボレーションの場があるのですが、その間のつなぎは、kintone上でのお客さまからの連絡を必要に応じてBacklogの課題にコピペして登録するといったことを行っていました。一見どちらかに寄せればいい感じもしますが、それぞれの用途とそこに展開される場があり、社内外それぞれのチームでの役割があるということで、スムーズかつスマートに連携したいなぁとの思いから作成しました。

kintone-Backlog

カスタマイズでも良かったのですが、福岡出身の山下としては、やはりプラグインにして公開しようということで、始めはシンプルにBacklogへの課題登録のみの機能としてみました。

チームやコミュニケーション・コラボレーションの連携を試したみたいという方はこちら(専用Webサイト)から無料でダウンロードできますので、是非お試し頂ければと思います!

ページのトップへ