kintoneにできるのは業務改善だけじゃない!

こんにちは!ジョイゾーの佐藤です!
今日は社内ハッカソンのブログを書こうと思います!

…と始めると、何回社内ハッカソンのブログを書くんだこの会社は!とツッコまれそうなのでちょっと別の話題を。

ちなみに社内ハッカソンがどのようなものだったかは以下の記事をご覧ください。

「えるぼ for takeout」

さて、本日お話ししたいことは、この社内ハッカソンで同じチームだった星野先輩のことです。

普段から頼りにしているかっこいい先輩(kintoneエヴァンジェリスト)なのですが、この社内ハッカソンでもkintoneの知識、カスタマイズの手腕、そして発想力を存分に発揮し、我がチームを勝利に導いてくれました。

その星野さんがこの度復業でLINEとkintoneを使用したテイクアウトオーダー管理サービス「えるぼ for takeout」をリリースしました!

サービスの詳細は画像をクリックしてご確認ください。

ほうほう、ユーザーは使い慣れたLINEから予約ができる、店舗はkintoneで簡単に受注管理ができる…。
めちゃめちゃよさそうですね!!
ユーザーは難しいことを考えず、LINEから注文できる。
店舗は電話応対時間がなくなるし、食材ロスの削減なんかも期待できる。
(kintoneは蓄積したデータから、分析しやすいグラフを作るのが大得意!)
いいことだらけじゃないですか!

週1回行われるジョイゾーの社内振り返り時間では、「このサービスを立ち上げることができたのはジョイゾーで働いているから」と星野さんは言いました。
「ジョイゾーの働き方、kintoneSIであれば、エンジニアはもっと幸せにもっと楽しくなれる。辛い思いをしている優秀なエンジニアが、新しい道を知ってもらえたら嬉しい」
サービスに込められた思いを聞いていて目頭が熱くなりました…。

業務改善だけじゃない!

なんだか先輩アゲみたいになってしまいましたね 笑

kintoneといえば「業務改善のツール」とばかり思っていた自分ですが、ハッカソン・復業での活躍を通し、それにとどまらないパワーを持っているツールだということを発見させてもらいました!
自分でも新しい活用法を見つけられるよう、これからは広い視野を持ってkintoneに接していこうと思います!

最後に、これを読んだあなたはひょっとして、LINEとkintoneが連携できるならこういうビジネスができるかも…とアイデアを閃いたのではないでしょうか?
是非、星野さんまでお問い合わせください!
協力してくれるはずです!

ページのトップへ