ワーケーションに初挑戦してみました

こんにちは、笹川です。今回はとっても素敵な体験が出来たよ!というワーケーションのレポートブログです。

「ワーケーション」が出来るのは特別な人だけ?

『ワーク(仕事)』と『バケーション(休暇)』を組み合わせた『ワーケーション』。少し前なら「え、働くの?働かないの?どっち??」と混乱しそうなこの造語ですが、働き方改革の大きな流れのなか、新型コロナウイルスの流行がきっかけとなり、注目が集まるようになりましたね。

なんだか新しいことのように言われていますが、「そんな働き方があるというのは知っていたよ」という人は多いのではないでしょうか。

私も、海外旅行先で「プールサイドでパソコンで仕事をしている人」や「普段は別の街に住んでるけど夏はずっとリゾートにいる人」に出会ったことがあります。当時は、特別な人もいるもんだなぁくらいの感覚だったように思います。

ところが、ジョイゾーに来たらなんと実践している人がいて「マジか」と思いました。

ドバイにいる星野さんや、カンボジアにいる琴絵さんと、いつも通りに仕事が出来たことは、私の価値観を大きく変えました。「もしかして、特別なことでもないんじゃないの?」と。

私もやってみたいなと思っていたら、ある日、四宮さんから「みんなワーケーションしてきて!手当出すから!」とありがたいお言葉。もう行くしかない、ということで心を決めました。

環境が整っていれば初心者でも安心!

とはいえ初のワーケーション。不安はあるので、環境の整った絶対に大丈夫なところをと思い、「星のや東京」様にお邪魔することにしました。星野リゾート様にはkintoneの開発でお世話になっているし、観光・宿泊業はコロナの影響が大きいというので少しでも力になれれば!

とくに、星のや東京様は、システム39でご一緒させていただいた思い入れのあるホテルです。また、しっかりとコロナ対策されていること、都内なので最悪何かあれば出社できる(笑)ことも、安心できるポイントでした。

前日はいつもどおり仕事をして、夕方にチェックイン。入った瞬間の素敵すぎる空間に感激、不安も吹き飛ぶさすがのおもてなし空間です!

宿泊する部屋とは別に、ラウンジも利用できます。コーヒーやお茶などの飲み物、お茶菓子が用意されています。(食いしん坊の私は頻繁に立ち寄りました 笑)
Wi-Fiが飛んでいるし、各テーブルにコンセントが付いているので充電の心配をしなくても大丈夫。

このテーブルで作業しようかなとか、打合せはこっちのソファを使おうかとか、なんかもうワクワクが止まりません。

さらに「パーフェクトワーケーションセット」なるものを貸していただき、むしろ自宅よりも設備が良くなりました。

初心者でも、ちゃんと準備すれば大丈夫です。こうして慣れていけば良いのです!

ここがよかった、ワーケーション。

まず何が良かったかというと、時間の使い方にメリハリがつく

リモートワークが長くなると、つい仕事とプライベートの時間の境目があいまいになりがちですが、ワーケーションでは「せっかくなので楽しみたい」という気持ちが勝るのでダラダラ仕事を続けてしまうことがありませんでした。

朝風呂に入りたい、ラウンジで開催される利き酒に参加したい、オリジナルグッズのショップが見たい…と、やりたいことだらけなので仕事している場合ではありません 笑。

それから、気分転換ができるので集中が続くのもよかったです。

慣れない場所で落ち着かないのではと思ったのですが、そもそもおもてなし空間が素晴らしくて、むしろ家より落ち着く。

さらに、打合せはプライベートな宿泊部屋、もくもくとする作業はラウンジ、と気分に合わせて環境を変えることが出来たので、結果的にずっと集中することが出来ました。

食事の時間を予約していたことも、「それまで集中するぞ!」と、良いタイムマネジメントになりました。ご飯がおいしいので、めちゃくちゃモチベーションUPに効果的。

それから、何といっても非日常なので気分が高まる

そこかしこに漂う白檀の香りや、畳の上を裸足で歩く感触も、特別感があって良かったです。

また、今回は「天空深呼吸」というアクティビティに参加しました。早朝にビルの屋上で深呼吸をしながら軽い運動をするというもので、きれいな景色と澄んだ空気のなか、深く呼吸をすることで気持ちが整っていくのが分かりました。

朝焼けの東京の空は素晴らしく美しかったです。撮影NGとのことで写真は撮れなかったのが残念ですが、動画が公開されているのでぜひ!(天空深呼吸は2:05からです。)

気分が良いので前向きな気持ちになれるし、見える景色が変わることでいつもと違った発想が出来るのでは、と思います。

嬉しいサプライズも。

事前に「ワーケーションでお邪魔します」と星野リゾート様にお伝えしたところ、ダイニングが素晴らしいと伺ったので、ディナーを予約しました。

無事に仕事を終え、評判通りの素晴らしいお食事を頂いて、気分は最高!というところで、最後のデザートが運ばれてきました。

そこにはなんと、お仕事でご一緒させていただいた、小竹さんと新谷さんからのメッセージが!粋な計らい!!

こんな嬉しいおもてなしってあるでしょうか…。単にシステム開発を一緒にやっているだけではない、温かいつながりを感じました。

仕事は楽しくできる!

ワーケーション。やってみたら、「いったい何をそんなに心配していたんだ」と不思議なくらい、良いことずくめでした。

全然、特別な人だけが出来ることではありませんでした。誰でも出来ます。仕事をしながら旅行に行って視野を広げることが出来る、こんな楽しいことはありません。楽しく仕事が出来る環境は、こうして作ることができるんだと思いました。

そして旅先につながりのある人がいたら、もっと楽しいです。今回のワーケーションで、人と人のつながりは思っているよりも多様で、双方向なものだと気づかされました。

仕事を通じてもっともっと楽しくなれる世の中を作っていきたいな、と、星のやさんから一歩外に出たときに空を見上げて思いました。

さて、次はどこに行こうかな!

ページのトップへ