kintone hive VOL.2潜入レポート!(後編)

師走もスタートしてしまったのに、kintone hive VOL.2潜入レポート後編を今更ですがお届けします!
前編で説明しませんでしたが、kintone hive(キントーン ハイブ)の「hive」とは蜂の巣という意味ですが、活気あふれる場所という意味合いもあるそうです。
DSC_9945

その名もkintone hack!選ばれし3名のライトニングトーク

DSC_9902 のコピー去る第1回kintone hiveでもディベロッパーによるLTが行われましたが、その際に会場にいた皆様へアンケートが行われ、LT満足度上位3名が今回のhackにて登壇することが決まりました!

cybozu.comカンファレンスの基調講演でも登壇された、R3 instituteの金春氏!
DSC_9955Pepper ✕ kintoneで驚くほど簡単にPepper設定を実現!M-SOLUTIONSの植草氏!
DSC_0040ありがたいことに、弊社の四宮も「Mr.kintone」という称号を第1回目に頂きまして、今回その称号引っさげてのLT登壇でした。
DSC_9966

kintoneを機能拡張する追加プログラムのお話

今回のLTネタは、ズバリ【プラグイン】
DSC_9972
弊社で行った開発によって蓄積されたノウハウを使い、ご要望の多いカスタマイズ開発に関しては1から作るんじゃなくてパッケージング化、つまりプラグイン化してしまいました!
そうすることで開発工数もコストも抑え、エコシステムとしてkintoneのさらなる活用になる!ということを、ご紹介させて頂きました。
現在複数プラグインをご用意しておりますが、お客様の声が多いものはどんどん作成しておりますので、今後も増えていく予定です。

プラグイン配っちゃいました!

実は会場にお越しいただいていた皆様に、期間限定でプラグインを配布しちゃいました!
DSC_9985当日の資料です

どんなものをお配りしたかというと⇒こちら
複数ビュー(一覧)が存在する場合、自分はデフォルトでこれが見たい!というお声が多く聞こえておりましたので、各自設定できるプラグインをお配りしました。
DSC_9999すでに無料公開は終了しておりますが、多くのユーザーさんにお試し頂きました。ありがとうございました。
今後は月額サービスとして発売予定ですので、ご興味がありましたらお気軽にお問い合わせください。
DSC_0056 のコピー最後にアワード審査員をされていたソニックガーデンの倉貫氏、サイボウズの伊佐氏を交えて記念撮影

hiveはこれで終わりじゃない!懇親会も熱いLT大会!

懇親会は豪華なお食事と、沢山のユーザーさんでかなり熱気あふれた会場となっておりました。
そんな中、弊社の山下も「お食事しながらLT聞いちゃいましょう」ってことで企画された、LTに登壇いたしました!
なんでしょう、この余裕の表情。
DSC_0057DSC_0066懇親会なので皆さんに夢を見てもらおうという見出し!?
DSC_0080お題は3つ。【機械学習】【IoT】【ファストアプリ作成】
私がここで文章にするよりも、当日の資料を御覧ください

なかでも【ファストアプリ作成】ということで発表した『スプレッドシートの設計書でアプリ作成』についてですが、
DSC_0103本日より始まった、kintone Advent Calendar 2015の初日記事としてアップしております!

その他にもICTコミュニケーションズの渋谷さん(写真なくてごめんなさい!)、サイボウズスタートアップスのトッティさんのLTも好評でした!
DSC_0108

まとめ:kintone hiveは未来を生む時間

kintoneを利用し、もっと業務に活用できないかと意欲的なユーザー様、こんなふうにkintoneを活用しているよ!と笑顔で発表してくださるユーザー様、そして開発の現場から事例を届けるわれわれの様な立場。みな総じて『kintoneでワクワクしてる』顔をしていました。
懇親会会場は『kintoneを使っている企業』という繋がりでユーザーさん同士が横に繋がりを広げ、また新たなことが始まるんじゃないかというくらい、明るい雰囲気に終始包まれておりました!
この懇親会で、青たけのふしの青山社長がNKアグリの三原社長にレタス栽培農場への現場訪問の話をされたのがきっかけで、後日私達も含めバスツアーで和歌山のNKアグリさんまでお邪魔することになったり、とにかく「なんか面白いな〜」というのが私の感想です(笑)
この「なんか面白いよね、面白そうだよね!」を見逃さず、kintoneで未来を変えていこうとする本気のサイボウズさんと、それを支持するユーザーさんと開発に携わるベンダー企業の皆様に出会えたkintone hive。
第3回が待ち遠しいです!

*
*
* (公開されません)