「kintone Café 札幌 Vol.7 × JAWS-UG 札幌 合同勉強会」に参加してきました

久々にkintone Café発祥の地である札幌を訪れたのでレポートです。

kintone Café 札幌はVol.7をむかえ、今回はJAWS-UGとの共催でした。個人的にはVol.2以来1年半ぶりの参加となりました。

kintone Café 札幌 Vol.7 × JAWS-UG 札幌 合同勉強会

今回は大きく4パート、kintone本家 → AWS本家 → ただの外様の山下 → LTの流れですが、kintone Café 創始者の斎藤さんのイントロからスタートしていきます。

12316372_1069652706402866_7999814911150563451_n

kintone本家のパート

kintoneの基本を徹底解説

本編トップバッターは本家kintoneエバンジェリストの渋谷さんから「ファストシステム」、「情報共有化」、「モバイル」等のキーワードから展開されるわかりやすいkintoneの概要説明と、いつも通り安定の流れるようなアプリ作成のデモです。ドラングアンドドロップでサクッとkintoneアプリを作っては、一旦完成したアプリへのフィールド追加も後のせサクサクな感じで柔軟性も際立ちます。初めてkintoneを目にされたJAWSの方でしょうか、終始目を見開きながらご覧になっていた方や、魅入られた感じの方、いらっしゃいました。まさしくファスト!

IMG_4613IMG_4617
「エコシステム」、「プラグイン」・・・、山下の発表に繋がるキーワードも頂きました。ありがとうございます。

打倒!ビーフジャーキー

続いて、kintoneプロダクトマネージャの伊佐さん。Google検索ワードにおける「kintone」のライバルとのバトルについて。「柿ピー」の次は「ビーフジャーキー」越えを狙っていると。ビーフジャーキー、意外に手強いようです。勝利の鍵は札幌、北海道にあり?

IMG_4624

様々なkintone近況トピックを経て、・・・Amazonがらみのトピックへ。洗剤等の日用品がボタンを押すだけでAmazonに注文されて配送されるAmazon Dashボタンのようななモバイルよりも手軽なインターフェースをkintoneでも!ということで、「kintone controller」で未処理レコードを一括承認するデモ。ボタンを押すと数十件溜まった日報や在宅勤務の申請が一挙に承認されていきます。どっかで見たことあるような気がしますが、気のせいですね。きっと。

AWS本家のパート

11月から社名もAmazon Web Services JapanになったAWSサイドからは榎並さんの登場です。Lambdaを中心にAWSのサービス全般わかりやすく説明頂きました。AWSだけでなくkintoneの説明もわかりやすいのが流石です。後で山下も喋ろうと思っていた内容が大量に放流されましたような気がしましたorz が、気のせいですね。きっと。

IMG_4628

IMG_4630

最近はIoTやモバイル関係の事業開発ドメインで活動されていますが、・・・あれ?またもや見たことがあるような内容が^^; 多分気のせいですね。きっと。

外様のパート

斯くの如く?、大量にネタをかぶせられた後に山下の出番です。「安心してください、かぶりだけで終わらないよう新ネタ準備しています!」ということで、今回は「kintoneエコシステム」に重きを置いて、お話しさせて頂きました。

12313576_1069665749734895_1490074063181986498_n

kintoneエコシステムのピースが揃った(と思っている)今日この頃、数あるAWSのサービスの中でもLambda/サーバーレスアーキテクチャによるkintone連携が肝だとして深掘りしました。デモも忘れず、新ネタ「kintone Switch」お披露目です。

今回はkintoneアプリのレコード一覧画面から会場のクリスマスツリーの電源をON/OFFしてみました。AWS IoTのDevice Shadowを利用したクラウド電源盤をサーバーレスでkintone上に構築しました。札幌の皆さんの温かい拍手が嬉しいです^^

LTパート

すみません。ここから一時電池切れにつき、写真がほぼありませんが、・・・

LTパートは我らが斎藤さんから。FullCalendarでkintone上でGoogleカレンダーライクなUIを実現したプラグイン「カレンダープラス」と11/6にリリースされた「どこでもコールセンター」のデモ。カレンダープラスはライセンス購入しないと都度都度アラートが出るという茶目っ気たっぷりな動きをします。

ジグソーの照井さんからは「マルチクラウド #とは」ということで、ブログのアクセスログをAPI Gateway経由でGoogle BigQueryに渡して可視化するデモ。「特性を理解し、相乗効果・相互補完するもの」、「より良いものが作れるなら一つに拘る必要はない」という結論は、その通りだと思います。

続く、kirinさんからはLTとパイ投げについて。「パイ投げは盛り上がる」、「5分間という比較的短い時間ならつまらなくても我慢できる」、「LTとパイ投げは相性が良い」というお話。パイ投げがかかったLTがNGの山下にはちと耳が痛くなりました^^;

締めを飾るインセンブル濱口さんからは、CORS設定したAPI GatewayのURLを仕込んだ問合せWebページをS3にホストして、問合せ内容をkintoneに登録するデモ。

IMG_4642

kintoneへのレコード登録をAPI Gatewayでラッピングしつつ、CORS対応でWebから直接アクセスできるようにした、パイが迫る中でのサーバレスの好事例だったと思います。

所感

札幌のITコミュニティはどのグループも活発だなぁと改めて思いました。この3日前に開催されたTwilio-UG札幌も初開催で30名満員御礼だったとか。

また、1年半の間にkintoneもkintone Caféも進化したなぁと。kintoneそのものにもその間多くのアップデートが施され、kintone Caféも札幌だけだったのが17支部にまで広がっています。次に訪れる時には益々進化を遂げていることでしょう。楽しみです!

*
*
* (公開されません)