kintone Café東京vol.5レポ(元and現サイボウズ社員によるパネルディスカッション)後編

kintoneCafé東京レポート前編はこちら

モデレーターデビューしちゃいました!

実はこういうイベント自体あまり経験もなく、またジョイゾー主催でもだいたい裏方なので人前に立つことはあまりないのですが、今回は「成長のためにモデレーターやらせてください!」と立候補!
kintoneが発売して5周年ということですが、kintone歴1年の私は昔のことも知りたいし、そう言った視点で聞いていくのも面白いんじゃないかな?と。
聞きたいことや、昔の写真や動画の入れ知恵などは仕込みつつ、打ち合わせ無しのぶっつけ本番で挑みました!

kintone Café 東京 Vol.5 後半は豪華メンバーによるパネルディスカッション!

今回ご協力頂いた元サイボウズ社員の3名の皆様をご紹介します。
クローバ株式会社の門屋さん
最近クローバという簡単HP作成ツールを公開されたました!
現在はフリーランスで、ふるさと納税エバンジェリスト、チームワークエバンジェリストとしても活躍中の田村さん
ビズリーチ株式会社で、データーサイエンティストとして活躍中の荒金さん
皆さん、元kintoneプロダクトマネージャーやアシスタントプロダクトマネージャーとkintoneをよく知る面々。
そして、現kintoneプロダクトマネージャーの伊佐さん

3人

実は直前に田村さんがインフルエンザにかかってしまい、欠席のご連絡だったのですが、当日体調は回復されたということで、急遽appear.inでご自宅からリモート参戦して頂きました!

photo_20160130-040258

(のちに、私がインフルにかかったのは田村さんからじゃないか疑惑がwだとしたら、性能良すぎappear.in・・なわけはないけどw)
こんな豪華なメンバーでパネルディスカッションをスタートしました!

リリース当初の苦労

今ではkintoneの認知度はアップしていますが、発売当初の悩みを田村さんはこのように語られました。
「リリース当時はクラウド自体が受け入れられていなかったので拒否反応が強かった。提案も情シス、業務部門どちらにすればよいのか悩んでいた。」
また、どんどんと機能が充実してきているkintoneも、当時はなんと「ルックアップ機能もなかったんですよ!(笑)」と荒金さん。
すでに充実したkintoneでのシステム構築提案している私には想像ができない。。。ルックアップもなく、単体のアプリしか作れないkintoneをセールスし続ける。業務システムの開発として提案すると壁にぶつかることもあったようです。

IMG_3014

それでも、ITproEXPO2011 AWARD大賞を取るくらい、携わる社員の皆さんの意気込みと勢いがすごかったのが、この写真からも分かります。(リモート参戦の田村さんのお顔にかぶせて、ごめんなさいw)

photo_20160130-040302 (1)

途中、この時大賞を取った「3分間アプリ作成」をする初々しい荒金さんの動画を見ながら、当時を懐かしんでいました。

kintoneは最初からグローバル戦略の元、作られた

開発として途中からkintoneに合流したという門屋さんは、「kintoneはサイボウズの製品で初めて最初からグローバルを考えて作ったサービスだと思います。」とおっしゃっていました。
私が「ルックアップの絞り込みなど、機能があったらいいなとか思うんですけど」と皆さんに質問をした時も、伊佐さんからは次のような答えが。
「kintoneは日本のビジネス習慣だけにとらわれず、世界中で使えるプラットフォームであるべきと考えています。また、沢山の人が使い、沢山のエンジニアが携わることで、カスタマイズ開発が活発に行われています。なので、サイボウズが使う用途を絞り込みしたような、機能として一見充実しているようでいて、実は用途を制限するようなことはなるべくすべきではないと。」
このお話には、確かに一理あるなと、狭い了見のもとで考えず、グローバル視点に立たなくちゃいけないなと気付かされた瞬間でもありました。

これからのkintoneについて

LT&パネルティスカッションを通して、この5年で取り巻く環境、意識、技術が躍進しているのがとても理解できました!
私自身、kintoneに関わることで広がった繋がりが、ただシステムを開発する技術者、ユーザーという垣根を超えた、なにかチームにも似た繋がりになることを実感しています。
kintoneはただ仕事を効率的にするだけではない、関わることで充実したコミュニケーションLIFEを手に入れるツールということを、もっともっと世の中に発信していきたい!
そんな風に思えた、kintone Café東京vol.5 ハンズオンなしのLT大会&パネルディスカッションでした。
参加した皆様も、それぞれが感じるkintoneの面白さを持ち帰って頂けてればなと思います。

最後に

懇親会には15名も参加!終電ギリギリまで楽しくみんなで語りました!

でも・・・懇親会の写真撮るの忘れたー!
あんなに楽しかったのに・・・・ごめんなさい。
kintoneCafé東京へご参加して頂いた皆さん、ありがとうございました!

また、Caféの運営やってみたいなどがありましたら、ぜひkintoneCafé事務局までご連絡してくださいね!

ページのトップへ