Joboco登録シナリオ設定例

現場作業員がお手持ちのモバイルからLINE WORKSを利用してkintoneの[建物設備巡回報告書]アプリに登録することで、オフィスに戻らずにその場で日報を登録することが可能になります。

【kintone建物設備巡回報告書アプリ(例)】

【Joboco連携LINE WORKS(例)】

1Jobocoに新しいシナリオを作成します。
2シナリオの名前を設定し、シナリオの種類を「汎用登録」と設定します。
3kintoneアプリ[建物設備巡回報告書]のアプリURLを設定します。
※下記画像は設定例です。実際利用するkintoneアプリのURLを設定してください。
※Jobocoのkintone設定において、接続方式を[APIトークンで認証]を選択した場合はAPIトークンを入力する欄が表示されます。  その際は、アプリのAPIトークンを入力してください。
4LINE WORKSでkintoneアプリを呼び出す際の呼び出し名となるキーワードを設定します。
5登録するフィールドを設定します。
6「入力項目の設定」から、必須入力の設定ができます。

チェックを付けた場合は、LINE WORKSで登録する際に入力が必須となります。
チェックを外した場合は、登録する際に「はい」「いいえ」の選択肢が出現するので、「はい」を選択した場合のみ入力する流れになります。

7設定を保存します。
8シナリオが出来ていることを確認し、シナリオの内容を反映させます。

利用のポイント

チャットボットを呼び出す際は、必ず「報告書を登録」などのフレーズを入力してください。呼び出し名だけではチャットボットは反応しませんのでご注意ください。