設定手順

1kintoneにアクセス制限をかけている場合は、[cybozu.com共通管理]画面でJobocoアクセス元IPアドレスを設定します。

以下2つのアドレスを許可してください。
– 13.115.135.223
– 54.199.117.190

IPアドレスの設定手順は、IPアドレス制限を設定する(cybozu.comヘルプページ)をご覧ください。

2Jobocoにログインします。
3連携させるkintoneの設定をします。

(1) 連携先のkintoneURLを入力します。
(2) 接続方式を選択します。「APIトークンで認証」を選択した場合は次のステップで設定します。「ユーザー名とパスワードで認証」を選択した場合はkintoneに登録しているユーザー名・パスワードを入力します。
(3) Basic認証を設定している場合は入力します。

4LINE WORKS Developer Consoleにログインして、「API」の項目で「API ID」「Server API Consumer Key」「Server List(固定IP)」を設定します。

(1) 「発行」をクリックします。
(2) 「発行」をクリックします。
(3) 「発行」をクリックすると、Server Listダイアログが開きます。サーバー名に任意の名前、IP欄に「13.115.135.223」と入力し、Tokenを発行します。

5Jobocoの「連携サービス」をクリックして連携サービスを追加します。コールバックURLをメモします。
6LINE WORKS Developer Consoleの左メニューから「Bot」の項目を選択し、Botを登録します。

【Callback URL】ONにして先ほどの値を入力します。「メンバーが送信可能なメッセージタイプ」は全てにチェックを付けてください。

【Botポリシー】このボットを複数名のトークルーム内で利用したい場合は「複数人のトークルームに招待可」にチェックを付けてください。

7LINE WORKS Adminの「Service」の「Bot」の項目で、6で登録したBotを追加し、公開します。
85で作成したJobocoの[連携サービスの設定]画面に戻り、Bot Noと、4で発行した情報を入力し、保存します。