Backlog課題連携プラグイン|利用例

kintoneで登録されたレコード情報をBacklogのチケットとして登録できます。

登録・編集済みのレコードの詳細画面で「Backlogに課題追加」ボタンをクリックしてください。

Backlogへの登録項目を選択してください。

Backlogへの登録が完了します。