株式会社ジョイゾー
〒135-0016 
東京都江東区東陽4-10-4東陽町SHビル7階
メトロ東西線「東陽町」駅より徒歩3分
Google Map

テーブルフィールドコピープラグイン|
設定手順

画面右上の歯車をクリックし、[kintoneシステム管理]をクリックします。

[kintoneシステム管理]画面より、その他の「プラグイン」をクリックします。

[プラグイン]画面より「読み込む」をクリックして、プラグインファイルを読み込みます。

注)ダウンロードしたプラグインデータ(zip)は、解凍せずにそのまま読み込んでください。
*一度解凍されたZIPの再圧縮ZIPファイルも読み込みに失敗しますのでご注意ください。

読み込んだプラグイン一覧に「テーブルフィールドコピープラグイン」が追加されます。

アプリの設定画面の[設定]タブから「プラグイン」をクリックします。

「プラグインの追加」をクリックします。

「プラグイン」一覧から「テーブルフィールドコピープラグイン」を追加します。

プラグインの歯車マークをクリックして、プラグインの設定画面を表示します。

共通設定を行います。「共通設定」タブを開き、ライセンスキーを入力します。

テーブルフィールドコピーの設定を行います。「設定」タブを開き、コピー対象テーブルフィールド、コピーするテーブルの行を選択し、コピー詳細設定を行います。
最後に「保存」ボタンをクリックして、設定を保存してください。

「コピー詳細設定」では、テーブル内のどのフィールドの値を、どのフィールドにコピーするかを指定します。
「コピー元テーブルのフィールド」とは、テーブル内にあるフィールドです。
「コピー先フィールド」とは、コピーしたテーブルの値を入れるフィールドです。

プラグインの設定が完了したら、忘れずにアプリの設定を運用環境に適用します。