kintoneでネイルサロンの活動履歴をカード形式で表示させる方法

こんにちは、田中です。
今回は、ジョイゾーの「カードビュープラグイン」活用例パート2をお届けします!

カードビュープラグイン

「カードビュープラグイン」はkintoneの一覧画面に表示されるレコードをカード形式で表示させることができるプラグインです。

アイデア次第で様々な業務にフィットさせることができるプラグインですので、活用例パート1も併せてご覧ください!

活用例パート1はこちら

ネイルサロンの活動履歴を作ってみた

さっそく、カードビュープラグインを利用してネイルサロンの活動履歴をカード形式で表示させようと思います。

プラグインの設定手順についてはこちらをご覧ください。

kintoneで、お客様ごとのデザイン記録を行なっていたとします。
標準機能の一覧では画像が大きく表示されないため、探しているデザインを見つけるのに時間がかかりますよね。

また、せっかく記録しているので、他のお客様へのデザイン提案としてkintoneの一覧画面を見せることができたら、さらに活用できそうです。

カードビュープラグインのテンプレートは全部で5種類あり、画像を見せることに特化したテンプレートも用意されています!
今回は、画像テンプレートを使用していこうと思います。

アプリの作成とプラグイン設定

使用するアプリはこのように設定しました。

カードビュープラグインはこのように設定しています。
今回は、アプリで置いた各カテゴリごとに一覧を作成しました。

テキストフィールド設定では、表示するフィールドを選択することができるので、カードビューのときには顧客名を出したくない、といった設定も可能です。

プレビュー表示と実際の表示を見ながら、お好みのデザインを設定してください。

下画像の赤枠の部分をクリックすることで設定のコピーができるので、今回のようにカード背景色や文字色を変更した設定を複数作成したい場合などに便利です。

では、プラグインの設定を保存してアプリのレコード一覧画面に戻ります。

カードビュー表示されました!

また、こちらのカードをクリックするとkintoneのレコード詳細画面が表示されます。

それぞれのレコードに使用したネイルの品番やパーツを登録しておくことでデータとして共有できるので、サービスの向上にもつながりそうです。

このデザインのこの色を使いたい、という時にもすぐに確認できます。

さらに使いやすく

せっかくカテゴリ分けをして登録をしているので、それぞれのカテゴリごとに一覧のレコードが絞り込めたら更に見やすくなりますね。

それでは、一覧の設定もしていこうと思います。
カードビュープラグインの設定を保存すると、設定時に入力した一覧名の一覧が自動生成されます。
アプリ設定の一覧を開き、各一覧ごとに絞り込みの設定をしていきます。

チェックボックスの「フレンチネイル」にチェックが入っているレコードのみ、フレンチネイルの一覧に表示させるといった具合です。
今回はデザインやカラーで一覧を作成しましたが、月ごとに一覧を作っても面白そうです。

設定を保存し、一覧画面に戻ります。

該当レコードのみを絞り込んで一覧表示できました!
これで、お客様への提案もしやすくなるのではないでしょうか。

30日間無料でお試しいただけます

いかがでしたか?

今回はネイルサロンでの活用法でしたが、美容室など、画像を用いて様々なデザインをお客様に提案する業務は応用できそうです。

カードビュープラグインを利用することで、kintoneの活用の幅がさらに広がりますね!

カードビュープラグインは30日間無料でお試しいただけます。
下記ページの「30日間お試し」ボタンよりお試しください。

カードビュープラグイン

弊社では初回開発無料の定額39万円でkintoneアプリを開発する定額型開発サービス「システム39」を提供しております。プラグインの設定も要件によってはプラン内で行えますので、お気軽にご相談ください。
*Webでの打ち合わせも可能です。

同じカテゴリーの記事