kintoneで社内フリマアプリをカード形式で表示させる方法

ジョイゾーの佐藤です。

今回はカードビュープラグインの利用例パート4です!

カードビュープラグインについてはこちら

これまでにも利用例を投稿しておりますので、過去のブログもぜひご覧ください!

パート1 パート2 パート3

このブログはパート4として、社内コミュニケーションに焦点を当てた利用例をご紹介します。

ご利用の参考になれば幸いです。

それではご紹介していきます!

ジョイゾーの社内フリマアプリ

先週、ジョイゾーは新オフィスへ引っ越しをしました!!

引っ越しにあたり社内フリマアプリを作成し、不要となったものを管理していました。

一覧画面はこんな感じです。カードの色は初期設定ですが、とっても素敵な配色になっています!

各カードテンプレートで最初から色が設定されていることも、このプラグインの魅力の一つです。

プラグインの設定画面はこちら。

ここでは、テンプレートの画像を使用しました。テンプレートの中で画像が最も大きく表示されます。

このプラグインでは、一覧からカードをクリックするとそのレコードを確認できます。

気に入ったものがあれば、このようにコメント欄でのやり取りも可能です。コミュニケーションが取りやすいのも、kintoneの良さですよね!

対外的な管理はもちろん、社内の管理にも便利なプラグインです。

皆さんの業務に合った使い方を見つけてみてくださいね!

30日間無料でお試しいただけます

他のテンプレートの活用例についても、またご紹介する予定です!
こんなカードが欲しい!などのご要望もお待ちしております。

「カードビュープラグイン」無料お試し申し込みはこちらから

弊社では初回開発無料の定額39万円でkintoneアプリを開発する定額型開発サービス「システム39」を提供しております。プラグインの設定も要件によってはプラン内で行えますので、お気軽にご相談ください。
*Webでの打ち合わせも可能です。

関連記事

同じカテゴリーの記事