kintoneの2020年1月アップデートで自動計算フィールドで指定したフィールドの値が空の場合に#N/A!エラーとならないようアップデートされました。

kintoneの計算式でIF関数を使ってみる【2020年1月アップデート機能】

アップデート前までは上記のアップデート記事にもあるように見積書の明細などでテーブルに指定されている金額フィールドの合計を出そうとしたときに#N/A!エラーが一つでもあると合計値を出すことができませんでした。

アップデートによってフィールドに値が入っていない場合は0ないし空文字として扱われるようになったため、#N/A!エラーが発生しなくなりなりました。

ただ注意が必要なのが2020/1/12のアップデート以降に追加・編集されたレコードに対して有効となりますのですでに登録されているレコードは#N/A!エラーのままとなっています。

対応策は簡単でエラーとなっているレコードを一度編集画面にしてそのまま保存をするだけです。
後から自動計算フィールドの計算式を変更しても過去レコードの値には変更が反映されないというのと同じ動きですね。

 

関連記事


株式会社ジョイゾー