kintoneの2020年2月アップデートでROUND関数(四捨五入)が使えるようになりました。

kintoneの計算式でROUND関数を使ってみる【2020年2月アップデート機能】

上記の記事でも記載したように、1円未満を表示させたくない場合、数値フィールドや計算フィールドで小数点以下の桁数を0にするという方法がありますが、実数としては小数点以下込みのデータで残るため、表示される金額と実際の金額に差異が出てしまうという問題がありました。

例えば、総合計を1円未満切り捨てにしたいので、「小数点以下の桁数」を0に設定するとします。

レコード上では整数になっていますが、データをCSV出力すると、実データとしては小数点以下も保持していることが分かります。

ROUND関数を使えば、実データも整数として登録される

今回のアップデートで追加されたROUND関数を使えば、実データも整数として登録されます。
実際に試してみましょう。

計算式を入力します。
小数点以下を切り捨てたいので、最後の数字は「0」とします。
計算式:ROUND(合計+消費税,0)

CSV出力すると、実データでも整数になっていることが確認できました!

ちなみに、ROUNDDOWN関数(切り捨て)、ROUNDUP関数(切り上げ)も同様に、小数点以下を切り捨てると実データも整数として登録されます。

関連記事

 


株式会社ジョイゾー