波に乗ろう、波を作ろう。

JOYZO STUDIES

kintoneを使って私たちと開発したシステムを
楽しく活用されている方々の事例をご紹介します。

6th Feb, 2024

株式会社ランディックス 様 / 管理会計 / ワークフロー

管理会計システムを構築したことできめ細やかな経営分析が可能に、kintoneで社内ワークフローを100%ペーパーレス化を達成

目次

  • 1. 経緯:売上の拡大と従業員の増加に伴う管理会計システムの構築検討
  • 2. 課題:会計システムとkintoneのデータ連携ができていない
  • 3. 成果:正確なデータで管理会計システムを構築しきめ細やかな経営分析が可能に
1.経緯:売上の拡大と従業員の増加に伴う管理会計システムの構築検討

◯kintone導入前/管理会計導入前はどの様な形で業務をされていましたか?

当グループは「唯一無二の豊かさ創造する」を企業理念に、不動産マッチング、建築マッチング、不動産デベロップメントを軸に事業を拡大して参りました。
DXを掲げてkintone導入に踏み切ったのは、売上の拡大と従業員の増加、それに伴う業務の効率化、データ管理が主な理由となります。
創業から今日にかけて、右肩上がりに売上/利益を伸ばしており、上場した2020年3月期から昨年度(2023年3月期)に至っては売上高は80億円から150億円に、利益は8.6億円から16億円、従業員数は55人から100人以上といずれも倍増し、あわせて業務量も膨らんでいきました。
その結果、データ管理や社内のあらゆるワークフローにおいて煩雑さが課題として浮き彫りとなりましたが、kintoneを活用することでこれらの課題を解決へと繋げ、kintoneを業務基盤システムとして社内浸透させてきました。
その実績から、部門ごと・会社ごとの予算と実績を把握できる管理会計システムもkintoneで開発することと致しました。

2.課題:会計システムとkintoneのデータ連携ができていない

・会社の成長とともに、各部門や会社全体の予算・実績を把握できる管理会計システムの必要性が出てきた

・会計データが奉行クラウド上にしかなく、kintoneとの連携ができていなかった

3.成果:正確なデータで管理会計システムを構築しきめ細やかな経営分析が可能に

・事業規模と従業員の拡大・倍増に耐えうる管理会計システムを構築できた

◯システム化を行った結果、どのような業務改善が図れましたか?

それまでは、システムで管理しなくても問題ない程度のデータ量でしたので、管理会計システム自体が存在しなかったのですが、事業規模が拡大し、従業員数も倍増した今、その成長に耐えうるシステムが必要でした。

管理会計システムについては、会計システムとの連携が必要不可欠であったが、kintoneの標準機能だけでは構築が困難であったため、開発サポートをジョイゾーさんにお願いしました。

ジョイゾーさんと開発した管理会計システムは「管理会計」「予算申請」「費目種別マスタ」「種別マスタ」の4つのkintoneアプリで構成され、今後の費目追加や集計単位変更に柔軟に対応できるよう構築しております。
その中でも特に重要なのは管理会計アプリです。
同アプリ内で行っている奉行クラウドとkintoneの連携については、krewDataの利用をジョイゾーさんからご提案いただきました。予算申請アプリに登録された予算と、奉行クラウドからCSVとして出力された実績とを突き合わせて書き出せる仕組みとなっています。
結果、奉行クラウドから出力したCSVファイルをシームレスに連携することができ、管理会計アプリの開発が大きく進みました。

加えて、部署ごとの広告宣伝費、人件費、その他の予実の集計を様々な切り口で分かりやすく表現する機能については、krewSheetの活用を薦めていただき、見やすく使い勝手の良い画面が構築できました。

【管理会計アプリ】
krewDataを使って予算申請アプリの情報とgoogleドライブにある奉行クラウドのCSVデータを読み込んで表示

◯ジョイゾーを選択したポイント

ジョイゾーさんを選んだ理由は大きく3点あります。
1つ目は弊社要件を的確に把握いただいたことです。弊社の要件は「会計システムとのシームレスな連携」と「高いメンテナビリティ(自社で保守可能)」でした。
2つ目、弊社要件に対する的確なアドバイスです。プラグインをうまく組み合わせたご提案をいただくことで、大変スピーディかつ保守が容易なアプリ構築に繋げることができました。
3つ目は、各種プラグインへの豊富な知識です。提案段階から非常に細かくご説明いただいたことで、完成イメージが明確となり安心して開発に着手できました。

また、開発着手後についても、弊社から新しい要望/変更が出てきても、ジョイゾーさんに相談すれば適切な回答をすぐに頂けたり、私たちがまだ言語化できていない要望や課題意識までも汲み取って下さったりと、クライアントへの深い理解をベースに、高い技術力とスピード感をもって仕事にかかるジョイゾーさんの姿勢は安心感を与えてくれました。

打ち合わせにおいて、Zoomの対応にどのような印象を持たれましたか?
最初の打ち合わせのみリアルで、その後の開発と打ち合わせは全てオンラインで行いました。初めは戸惑いましたが、慣れてくると全く違和感はなかったです。

今後の展望について教えて下さい
管理会計について、まずは今期(2024年3月期)までのデータを蓄積しながらデータの精査や細かな調整を行い、よりよい管理会計システムへと変化しながら社内の定着化を目指します。
kintoneの活用については、全社共通のワークフローのkintone移行が実現されペーパーレス100%を達成できているものの、各部門内の業務プロセスを個別に見ていくと、個々人でバラバラに書類や情報を管理している従来のスタイルがまだ多く残っており、kintoneに取り込めば目に見えて改善効果が現れる業務が至るところに転がっています。
例えば営業部門の契約書周りの業務がそれに当たり、情報量の多い不動産契約書の作成はとても時間がかかりますが、kintoneや帳票プラグインなどを活用すれば作成時間や管理労力を今すぐにでも削減できそうなイメージです。
今後はこうした各部門の業務にフォーカスした改善活動を進めていきたいです。

 

利用人数 104人
利用部門 全部門
利用端末 Windows(PC)、iPhone
カスタマイズの有無 あり
連携サービス タブ表示プラグイン、krewData、krewSheet
       

株式会社ランディックス 様

https://landix.jp/

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

タグから探す
波に乗ろう、波を作ろう。

JOYZO STUDIES

kintoneを使って私たちと開発したシステムを
楽しく活用されている方々の事例をご紹介します。

タグを選択してください。