レコード一括更新プラグイン 利用例

利用例

[顧客管理]アプリで営業担当者「加瀬 真実」を別の担当者「柳澤 剛」に変更します。

1一括更新処理が許可されているユーザーでログインします。
2一覧画面から一括更新対象レコードを絞り込みます。
bulkupdate-case001
3一覧画面上部の「一括更新」ボタンをクリックします。
bulkupdate-case002
4更新する項目と更新する値を入力し、「更新する」をクリックします。
※ユーザー選択/組織選択/グループ選択の値は入力した文字によって候補が表示されます。
bulkupdate-case003
5内容を確認して、「更新する」ボタンをクリックします。
bulkupdate-case004

利用のポイント

一覧で表示されているレコードが更新対象となります。
更新前にCSV書き出しでのバックアップ取得のうえ、実行することをおすすめします。
存在しないログイン名や組織/グループコードを指定すると値が空で更新されます。
以下のフィールドは一括更新できませんのでご注意ください。
  • 添付ファイル
  • ルックアップのコピー先フィールド
  • サブテーブル内のフィールド
複数フィールドを組み合わせて一括更新可能です。
例)請求書発行日が空欄で請求書が “未発行” レコードを絞り込んだ後、請求書発行日を “今月の20日” かつ請求書 “発行済” に一括更新
bulkupdate-case004