ドロップダウン絞り込みプラグイン|
設定手順

絞り込みのための分類を登録したマスタアプリを準備します。準備済みの場合には設定手順4から読み進めてください。

※本ページ内の画面は2020年11月26日アップデート分の画面になっています。古いUIをお使いの方はお早めにアップデートを実施してください。

プラグインを使用するために、「文字列(1行)」フィールドを設定し、絞り込み用の[分類マスタ]アプリを作成します。

作成した[分類マスタ]アプリに、ドロップダウンとして利用するすべての絞り込みパターンをレコード登録します。

画面右上の歯車をクリックし、[kintoneシステム管理]をクリックします。

[kintoneシステム管理]画面より、その他の「プラグイン」をクリックします。

[プラグイン]画面より「読み込む」をクリックして、プラグインファイルを読み込みます。

注)ダウンロードしたプラグインデータ(zip)は、解凍せずにそのまま読み込んでください。
*一度解凍されたZIPの再圧縮ZIPファイルも読み込みに失敗しますのでご注意ください。

読み込んだプラグイン一覧に「ドロップダウン絞り込みプラグイン」が追加されます。

プラグインを設定するアプリのフォームの編集をします。値保存先対象フィールドを「文字列(1行)」で設定します。

分類と同数のスペースを作成します。

作成した各スペースに要素IDを設定します。設定を保存しアプリの作成を完了します。

アプリの設定画面の[設定]タブから「プラグイン」をクリックします。

「プラグインの追加」をクリックします。

あらかじめシステム管理で読み込んだ「プラグイン」一覧から「ドロップダウン絞り込みプラグイン」を追加します。

プラグインの歯車をクリックして、プラグインの設定画面を表示します。

ラインセンスキーを入力し、マスタアプリやフィールドを設定します。

プラグインの設定が完了したら、忘れずにアプリの設定を運用環境に適用します。