一括再利用、数値/日付フィールドの増加再利用が可能に【再利用フィールド指定プラグインアップデート情報】

弊社では、インストールするだけでkintone(キントーン)を機能拡張させることができる追加プログラム「kintoneプラグイン」を提供しています。
2021年1月18日に「再利用フィールド指定プラグイン」がアップデートされましたのでご紹介します。

再利用フィールド指定プラグインとは?

「再利用フィールド指定プラグイン」は、レコードの再利用機能でレコードを作成する際にコピー対象のフィールドを指定することができるプラグインです。

再利用フィールド指定プラグイン

この度、再利用フィールド指定プラグインがアップデートされましたので、活用例と合わせてご紹介したいと思います。
プラグイン設定画面が新UIにリニューアル
一括再利用が可能に
数値/日付フィールドの増加再利用が可能に

プラグイン設定画面が新UIにリニューアル

プラグイン設定画面が新UIにリニューアルされ、次の機能が追加されました。
・1つの設定を1設定タブとして管理できるように
・設定単位の複製が可能に
・設定名の変更が可能に
・「全画面で表示する」機能を追加

【リニューアル前】

【リニューアル後】

一括再利用が可能に

複数のレコードを一度に作成できる「一括再利用」機能が追加されました。

活用例

[月謝管理]アプリで、1月分の月謝を1レコードで管理しているとします。
既存のレコードを再利用して、次の12か月分のレコードを一度に作成したいと思います。

【月謝管理アプリ】

1.プラグイン設定画面の「共通設定」タブを開き、一括再利用機能の使用を許可する対象を設定します。
*ここで選択されているユーザーのkintone画面上でのみ、一括再利用ボタンが表示されます。

2.「設定」タブを開き、対象フィールドと適用種類を設定し、アプリを更新します。
今回は、以下のように設定します。
対象フィールド:納入期限、適用種類:増加適用(+1月)
対象フィールド:納入日、適用種類:空白値適用

*ここで設定していないフィールドは、元レコードと同じ値がそのままコピーされます。

3.再利用の元にしたいレコードの詳細画面を開きます。
一括再利用ボタンが表示されていますので、クリックします。

4.使用する再利用設定を選択し、登録するレコード件数を入力したら、「一括再利用する」をクリックします。

5.確認画面が表示されるので、「一括再利用する」をクリックします。

6.12か月分のレコードが作成されました。
納入期限は、コピー元が2020年12月25日で、「+1月」増加される設定をしたので、各月25日の日付が自動で入力されています。
納入日も、設定した通り空白値になっています。

数値/日付フィールドの増加再利用が可能に

今までは、再利用時の適用種類は、「空白値」か「初期値」のみ設定可能でした。
今回のアップデートにより、数値/日付フィールドの場合のみ、「増加適用」も設定できるようになりました。
これにより、数値/日付フィールドを元のデータから増加した形での再利用が可能になります。

日付フィールドの増加再利用

再利用設定の対象フィールドが日付フィールドを選択した場合、増加適用(+1日)、増加適用(+1月)、増加適用(+1年)が選択できるようになりました。

活用例

[日報]アプリで毎日日報を登録していたとします。
日報提出者が前日のレコードを再利用して今日の日報を作成する際に、業務内容はそのままで、日報の日付だけ翌日に変更された状態で再利用できるようにしたいと思います。

【日報アプリ】

1.プラグイン設定画面の「設定」タブを開き、対象フィールドと適用種類を設定し、アプリを更新します。
今回は、以下のように設定します。
対象フィールド:日付、適用種類:増加適用(+1日)

2.再利用の元にしたいレコードの詳細画面を開き、再利用ボタンをクリックします。

3.コピー元の翌日の日付が入力された状態でレコードが作成されました。

数値フィールドの増加再利用

再利用設定の対象フィールドが数値フィールドを選択した場合、増加適用(+1)が選択できるようになりました。

活用例

[日報]アプリで毎日日報を登録していたとします。
日報提出者が前日のレコードを再利用して今日の日報を作成する際に、「新人研修○日目」の数値入力部分が、元レコード「+1」の状態で再利用できるようにしたいと思います。

1.プラグイン設定画面の「設定」タブを開き、対象フィールドと適用種類を設定し、アプリを更新します。
今回は、以下のように設定します。
対象フィールド:数値、適用種類:増加適用(+1)
対象フィールド:日付、適用種類:増加適用(+1日)

2.再利用の元にしたいレコードの詳細画面を開き、再利用ボタンをクリックします。

3.数値はコピー元「+1」、日付はコピー元「+1日」が入力された状態でレコードが作成されました。

再利用フィールド指定プラグインは30日間無料でご試用いただけます。
ご興味のある方は下記ページ内「30日間無料お試し」ボタンからお申し込みください。
再利用フィールド指定プラグイン

弊社では初回開発無料の定額39万円でkintoneアプリを開発する定額型開発サービス「システム39」を提供しております。プラグインの設定も要件によってはプラン内で行えますので、お気軽にご相談ください。
*Webでの打ち合わせも可能です。

関連記事

同じカテゴリーの記事