システム管理権限がなくても、アプリ作成権限があるユーザーであれば「テンプレートファイルを読み込んで作成」を利用可能に【2022年5月アップデート機能】

kintone(キントーン)の5月のアップデートで、より便利に使える機能が増えましたのでご紹介したいと思います。

アップデート情報の詳細は以下のkintoneサイトをご覧ください。
2022年5月版 主なアップデート

今回アップデートされた内容のうち、以下についてご紹介します。
・システム管理権限がなくても、アプリ作成権限があるユーザーであれば「テンプレートファイルを読み込んで作成」を利用可能に

システム管理権限がなくても、アプリ作成権限があるユーザーであれば「テンプレートファイルを読み込んで作成」を利用可能に

今までは、アプリ作成権限を持っていても、システム管理権限がない場合はアプリテンプレートファイルからアプリを作成することができませんでした。
今回のアップデートにより、アプリを作成可能なユーザーなら誰でも「テンプレートファイルを読み込んで作成」機能を利用できるようになりました。

別ドメインのkintone環境に同じようなアプリを作成したい時など、システム管理権限を持たないユーザーでもアプリテンプレートの読み込みができるので、アプリ作成がよりスムーズに行えるようになりました。

【アップデート前】
今までは、システム管理権限がないユーザーがアプリを作成する際、「テンプレートファイルを読み込んで作成」は表示されませんでした。

【アップデート後】
システム管理権限がなくても、アプリ作成権限があるユーザーであれば「テンプレートファイルを読み込んで作成」を利用できるようになりました。

※アプリテンプレートの作成やアプリテンプレートファイルの書き出しは、従来通りシステム管理者権限が必要です。

※以下のようなアプリから作成されたアプリテンプレートファイルは、読み込むことができません。
・システム管理者でないユーザーが変更できない設定を含むアプリ
(現在該当するのは、「JavaScript / CSS でカスタマイズ」の設定、及びカスタマイズ形式のレコード一覧。)
・インストールされていないプラグインが追加されているアプリ

おわりに

GWだったからか、アップデート内容はいつもより控えめでしたね。笑
お休みだった方も、お仕事だった方も、enjoyできましたでしょうか?

今回のアップデートでは、システム管理権限がなくても、アプリ作成権限があるユーザーであれば「テンプレートファイルを読み込んで作成」を利用できるようになりました。
システム管理者は、kintone全体のアプリやスペースの管理、プラグインやカスタマイズの追加、ポータルの設定など重要な操作が可能になるため、限定したメンバーのみに権限付与を行っていると思います。
権限設定をゆるめずに、システム管理者以外のユーザーが便利な機能を使えるようになることは嬉しいですね。
kintoneのプラグインや連携サービスを提供している企業では、利用者向けのサンプルとしてアプリテンプレートを配布しているところが多いと思いますので、システム管理者でないユーザー様もそういったファイルを活用しやすくなったのではないかと思います。

今後も便利な機能追加を楽しみにしています!

弊社では初回開発無料の定額39万円でkintoneアプリを開発する定額型開発サービス「システム39」を提供しております。kintoneの導入やアプリ開発でお困りな方は、お気軽にご相談ください。
*Webでの打ち合わせも可能です。

関連記事

同じカテゴリーの記事