画像ビューアーで画像の拡大・縮小操作が可能に【2022年1月アップデート機能】

2022年になりました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
kintone(キントーン)の1月のアップデートで、より便利に使える機能が増えましたのでご紹介したいと思います。

アップデート情報の詳細は以下のkintoneサイトをご覧ください。
2022年1月版 主なアップデート

今回アップデートされた内容のうち、以下についてご紹介します。
画像ビューアーで画像の拡大・縮小操作が可能に
「出力されたファイル」画面の内容が自動更新されるように

画像ビューアーで画像の拡大・縮小操作が可能に

添付ファイルフィールドに添付した画像ファイルを拡大・縮小できるようになりました。
文字が小さくて見えにくい場合などに、ダウンロードせずにkintone上で拡大表示ができて便利です。

また、「前へ」「次へ」「ダウンロード」のボタン名が表示されるようになり、より操作が分かりやすくなりました。

【アップデート前】
添付画像をクリックすると画像がプレビューされますが、拡大表示機能はありませんでした。

【アップデート後】
「縮小」「拡大」ボタンが追加され、kintone上で拡大・縮小操作ができるようになりました。
また、「前へ」「次へ」「ダウンロード」のボタン名が表示されるようになり、より操作が分かりやすくなりました。

「拡大」ボタンをクリックすると画像が拡大されました。

※PC表示のみのアップデートです。
※添付ファイルフィールドやスレッド等、現在サムネイル画像クリック時に画像ビューアーが表示される個所で利用可能です。
※キーボードでの拡大・縮小操作でも、拡大・縮小が可能です。
例:Windowsの場合
・Ctrlキーを押しながらマウスホイールを前回転/後回転
・Ctrlキーを押しながら+/-キー

「出力されたファイル」画面の内容が自動更新されるように

今までは、ファイル書き出しを行った後、「出力されたファイル」画面で再読み込みをしないと「ダウンロード可能なファイル」欄にファイルが表示されないため、すぐにダウンロードができませんでした。
今回のアップデートにより内容が自動更新されるようになったため、すぐにファイルダウンロードを開始できるようになりました。

また、今までは「ダウンロード可能なファイル」と「作成中のファイル」の2つの表に分かれて表示されていましたが、1つの表にまとめて表示されるようになりました。

【アップデート前】
出力したファイルをダウンロードするためには、「再読み込み」ボタンをクリックしてページを更新する必要がありました。

【アップデート後】
「再読み込み」ボタンがなくなり、内容が自動更新されるようになりました。

おわりに

今回のアップデートでは、添付ファイルフィールドに添付した画像ファイルを拡大・縮小できるようになりました。
拡大しないと見えない小さい文字などがあるとわざわざダウンロードしてから確認する必要がありましたが、kintone上で確認できるのは嬉しいですね。

ちなみに、PDFファイルはkintoneでプレビュー表示できないため、一度ダウンロードして開かないと中身をみることができません。
弊社で提供している「PDFプレビュープラグイン」を使うと、PDFファイルをプレビュー表示できるようなります。
無償プラグインですのでぜひご活用ください。

2022年も便利な機能追加を楽しみにしています!

弊社では初回開発無料の定額39万円でkintoneアプリを開発する定額型開発サービス「システム39」を提供しております。kintoneの導入やアプリ開発でお困りな方は、お気軽にご相談ください。
*Webでの打ち合わせも可能です。

関連記事

同じカテゴリーの記事