フィールド情報取得プラグイン

概要

本プラグインはkintoneアプリに設定されているフィールド情報を一覧で確認することができます。
また、一覧の内容をCSVファイルとしてダウンロードすることができます。
プラグインは無料公開しておりますので、是非ご活用ください。

フィールド情報取得プラグイン

設定方法

1.画面右上の歯車をクリックし、[kintoneシステム管理]をクリックします。

フィールド情報取得プラグイン説明1-1

2.[kintoneシステム管理]画面より、その他の「プラグイン」をクリックします。

フィールド情報取得プラグイン説明1-2

3.[プラグイン]画面より「読み込む」をクリックして、プラグインファイルを読み込みます。

フィールド情報取得プラグイン説明1-3

4.読み込んだプラグイン一覧に「フィールド情報取得プラグイン」が追加されます。

フィールド情報取得プラグイン説明1-4

5.プラグインを設定するアプリの[アプリの設定を変更する]をクリックします。

フィールド情報取得プラグイン説明1-5

6.アプリの設定画面の[設定]タブから「プラグイン」をクリックします。

フィールド情報取得プラグイン説明1-6

7.「プラグインの追加」をクリックします。

フィールド情報取得プラグイン説明1-7

8.「プラグイン」一覧からフィールド情報取得プラグインを追加します。

フィールド情報取得プラグイン説明1-8

9.プラグインの歯車マークをクリックして、プラグインの設定画面を表示します。

フィールド情報取得プラグイン説明1-9

10.[フィールド設定一覧]タブを選択すると、フィールド情報を一覧で確認することができます。

*運用上の都合などでフィールド情報を表示する一覧を非表示にしている場合でも、本画面でフィールド情報を確認することができます。

フィールド情報取得プラグイン説明1-10

11.[プラグイン設定]タブを選択し、フィールド情報を表示する一覧や、ツールチップの設定をします。

*「フォーム情報を表示する一覧を設定する」をONにすることで、フィールド情報を確認するための一覧が自動的に作成されます。OFFにすると一覧を非表示にすることができます。

*「レコード詳細画面でツールチップを表示する」をONにすることで、レコード詳細画面上でフィールドにカーソルを合わせた際に「フィールド名/フィールドコード/フィールドタイプ」を表示させることができます。

フィールド情報取得プラグイン説明1-11

12.プラグインの設定が完了したら、忘れずにアプリの設定を運用環境に適用します。

フィールド情報取得プラグイン説明1-12

13.一覧に「フィールド設計情報(プラグイン)」が自動的に追加されます。

フィールド情報取得プラグイン説明1-13

利用方法

1.「フィールド設計情報(プラグイン)」一覧を選択してください。

フィールド情報取得プラグイン説明2-1

2.アプリ内の全フィールド情報を一覧で確認することができます。

表示させるプロパティにチェックをつけると自動的に列が追加されます。

フィールド情報取得プラグイン説明2-2-1

「CSVファイル出力」をクリックすると表示された内容がCSVファイルとしてダウンロードすることができます。但し、文字コードはUTF-8となっていますので、そのままExcelで開くと文字化けを起こしてしまいます。
Excelでそのまま開きたい場合は「CSVファイル出力(Shift_JIS)」をクリックし、Shift_JIS形式のCSVファイルをダウンロードしてください。

フィールド情報取得プラグイン説明2-2-2

サブテーブルが存在する場合は、上部のプルダウンからサブテーブル名を選択するとサブテーブル内のフィールド情報が表示されます。

フィールド情報取得プラグイン説明2-2-3

3.レコード詳細画面を開きフィールドにカーソルを合わせると、「フィールド名 / フィールドコード / フィールドタイプ」が表示されます。

フィールド情報取得プラグイン説明2-3
フィールド情報取得プラグイン