プリントクリエイター帳票レイアウト画面で操作を1つずつ元に戻したり、やり直しをする方法

こんにちは!田中です。

このたび、トヨクモが提供している「プリントクリエイター」で帳票レイアウト編集中に「元に戻す/やり直す」機能が新しく追加されました。

▼バージョンアップ情報はこちら
バージョンアップ情報

今回は、こちらの新機能のご紹介をしていきます!

「元に戻す/やり直す」機能の紹介

今回のバージョンアップでは、ボタン一つで一つ前の設定へ戻すことができるというものです!

プリントクリエイターは文字の出力場所から大きさまで、細かい設定が可能なので、ついつい帳票設定をこだわってしまうという方も多いのではないでしょうか。
筆者も設定する際は、位置を細かく移動したり、横幅縦幅も1マス単位で直してしまいます!

必死に細かく設定するのですが、プレビューを見てみた時、「やっぱり前の位置のほうが整っていた」なんて経験も多々あります。
そしてまた1つずつ直す、ということをしていました。

しかし今回のアップデートでこのような手間がなくなります!

さっそく、見ていこうと思います。

プリントクリエイターの設定画面を開くと、新しい表示が追加されています。

これらのボタンが設定を元に戻したり、やり直しができるボタンです。

例えば、このようにフィールドの上からの位置を【358】から【524】に移動したとします。

ですが、やっぱり前の方が良かった、となったら

元に戻すボタンを押すことで、上からの位置【358】に簡単に戻すことができました。!

一つ前に設定した位置を覚えていなくとも、簡単に前の設定位置に戻すことができるのでとても便利ですよね!

終わりに

いかかでしたか?

このやり直す機能は各フィールドに対して行えるので、何箇所も直したいというシーンでも大活躍です。

さらに使いやすくなったので、帳票設定が捗りますね!

▼プリントクリエイターは無料のトライアル版が公開されていますので、是非お試しください。
プリントクリエイター

弊社では、初回開発無料の定額39万円でkintoneアプリを開発する定額型開発サービス「システム39」を提供しております。プリントクリエイター設定支援も行っておりますので、お気軽にご相談ください。

関連記事

プリントクリエイターで帳票の表示・非表示が設定可能になりました
プリントクリエイターで複数枚帳票を出力する方法
フォームブリッジ、プリントクリエイター、kMailerを使った見積書自動送信システム
プリントクリエイターを利用した帳票PDFの保存方法
プリントクリエイター「自動改ページプラグイン」をJavaScriptに移行する方法

同じカテゴリーの記事