kintone(キントーン)の1月のアップデートで、アプリのアクションメニューの機能が強化されましたのでご紹介したいと思います。
アクション機能とは、レコードのデータをコピーして、指定したアプリにレコードを登録する機能です。

過去のBlog
アクション機能とはどんな機能か
強化されたアクション機能を使ってみよう!

アクション機能でドロップダウンフィールドも指定できるようになりました

今までは、ドロップダウンフィールドはアクション機能でコピー元やコピー先として指定することができなかったため、後から手動で設定する必要がありました。
今回のアップデートでドロップダウンフィールドも指定できるようになりましたので、作業効率UPや入力ミス防止に役立つのではないでしょうか。

なお、アクション機能でコピー先に指定できるフィールドは、コピー元のデータの種類によって異なります。
コピー元・コピー先に指定できるフィールドについては以下のページをご参照ください。

アプリアクションでできること(kintoneヘルプページ)

弊社では初回開発無料の定額39万円でkintoneアプリを開発する定額型開発サービス「システム39」を提供しております。kintoneの導入やアプリ開発でお困りな方は、お気軽にご相談ください。

関連記事

 


株式会社ジョイゾー