先日サイボウズスタートアップス株式会社が提供している kMailer に待望の自動送信機能が追加されました。

kMailerとは、kintoneで管理している顧客情報に対して、個別/一斉にメールを送信することができるkintone連携システムです。
kintone内のフィールドデータを引用したり、添付ファイルを同封した一斉送信もでき、大変便利です。

kMailerについてはこちらのブログもご覧ください。
kintoneから直接メールが送れるkMailerの使い方

kintoneからメールが送れるだけでも便利なのですが、今回kintoneのレコード情報の状態に応じて自動でメールを送るという待望新機能がリリースされたようですので早速試してみました。

利用例

弊社では定期的にセミナーを開催しています。セミナーの申込はフォームブリッジを使用していて、申し込みを受け付けると自動で返信メールを送るようにしています。
ただ、セミナーのキャンセル申込があった時はkintoneの申込管理で「キャンセル」というチェックボックスを編集する運用のため、キャンセル受付メールは手動で送っていました。

そこで今回の自動送信機能を使って「セミナー申込管理アプリでセミナー欠席にチェックを付けたら承ったことを自動返信する」という運用が実現できればとても楽になるので、それを今回設定してみたいと思います。

1.kMailerのメールセット一覧画面で、「このメールセットの自動送信セットをする」をクリックします。

2.「自動送信設定をつくる」をクリックします。

3.条件を指定するkintoneアプリのURLと、そのアプリのAPIトークンを入力します。

4.送信条件を指定します。
今回は、セミナー欠席フィールドの「欠席」がチェックありにレコード編集された時に自動送信する設定にします。

5.宛先を指定します。
今回は、自動送信の条件を指定するアプリと宛先管理アプリが同一なので、そのまま次に進みます。

6.メールテンプレートを作成します。
指定したアプリ内のフィールドから情報を引用することができるので、会社名、名前、セミナー名、開催日フィールドを使用します。

7.自動送信設定の名称を設定します。

8.確認画面で問題がなければ「保存する」をクリックします。

9.表示されたWebhook URLをコピーし、「条件を指定するkintoneアプリ」のリンクをクリックします。

10.Webhookの追加ボタンを押します。
手順9でコピーしたWebhook URLを貼り付けます。[通知を送信する条件]は、手順4で選択した「メールを送信するタイミング」と同じものにチェックを入れます。
「保存」をクリックしたら設定は完了です。

それでは、実際にレコードを編集して自動送信を試してみましょう。
送信条件として設定していたとおり、セミナー欠席フィールドの「欠席」にチェックを入れレコードを保存します。

すると数分後、レコードに入力したメールアドレス宛に自動送信メールが届きました!
会社名、名前などのレコード情報も反映されています。

この他にも様々なシーンで活用できそうです。是非お試しください。

弊社では初回開発無料の定額39万円でkintoneアプリを開発する定額型開発サービス「システム39」を提供しております。kintoneの導入やアプリ開発でお困りな方は、お気軽にご相談ください。

関連記事

 


株式会社ジョイゾー