計算式入力欄に「関数」や「フィールドコード」の入力を補助する機能 が追加【2023年11月アップデート情報】

こんにちは!ジョイゾーの川岸です。

kintone(キントーン)11月のアップデートで、より便利に使える機能が増えましたのでご紹介したいと思います。アップデート情報の詳細は以下のkintoneサイトをご覧ください。
2023年11月版 主なアップデート

今回アップデートされた内容のうち、以下についてご紹介します。

計算式入力欄に「関数」や「フィールドコード」の入力を補助する機能の追加
ドロップダウン等の選択肢系フィールドの設定で、項目を追加しやすく
アクションの設定で、「コピー先のアプリ」の候補リストからアプリを開けるように
写真や動画ファイルのアップロード時に、「写真選択ツール」が利用できるように(Andoroid)
その他アップデート

弊社では初回開発無料の定額39万円でkintoneアプリを開発する定額型開発サービス「システム39」を提供しております。kintoneの導入やアプリ開発でお困りな方は、お気軽にご相談ください。
*Webでの打ち合わせも可能です。

   kintoneのアプリ開発はこちら <相談無料>    

計算式入力欄に「関数」や「フィールドコード」の入力を補助する機能の追加

アプリ設定の計算式入力欄にて、「関数」や「フィールドコード」の入力を補助する機能が追加されました。

【アップデート前】
アプリ設定の計算式入力欄では、計算式の書き方や利用できる関数についてkintoneヘルプを調べに行くことはできましたが、その後は自分で考えて入力する必要がありました。

【アップデート後】
▼関数やフィールドコードの入力候補表示
計算式の入力中、入力文字に応じて関数やフィールドコードの候補が表示され、選択すると入力内容が補完されるようになりました。

・フィールドコードの候補は「フィールド名」でも検索可能。
・関数内でフィールドコードを入力する際は、その関数に合わせた候補が表示される。
・「”」を入力すると、選択肢系のフィールド(ドロップダウンやラジオボタンなど)の「選択肢」の候補が表示される。

また、「関数を挿入する」「フィールドコードを挿入する」ボタンも追加され、入力する関数やフィールドコードを毎回調べずとも、計算式を簡単に書くことができるようになりました。

そのほか、入力候補表示で確認できる情報の追加・入力済みの関数/フィールドコードの情報表示されるようになりました。アプリの設定を行った人以外が計算式の設定を修正する場合、どのフィールドを使用しているかが一目でわかるようになりました。

詳しくは11月アップデート情報をご確認ください。

ドロップダウン等の選択肢系フィールドの設定で、項目を追加しやすく

選択肢系フィールド(※)の設定で、一番下の項目でEnterキーを押下する操作でも、新しい項目行の追加ができるようになりました。また、改行を含むテキストをペーストした際も、改行箇所で新しい項目行となって項目が追加されるようになり、設定の手間が軽減しました。
※ドロップダウン、ラジオボタン、チェックボックス、複数選択フィールドに対応

【アップデート前】
今までは項目を増やすには、+ボタンを毎回クリックする操作が必要でした。

また、複数項目をコピーして用意する場合は、一つの項目に全てコピーされてしまい、一つ一つコピーするしかなく手間がかかっていました。

【アップデート後】
Enterキー押下で新しい項目行を追加
一番下の項目でEnterキーを押下すると、新しい項目行が追加されるようになりその行にカーソルが移動するようになりました。また、項目欄でEnterキーを押下すると次の項目行にカーソルが移動、上下矢印キー操作による項目間のカーソル移動にも対応され、項目の入力や追加がキーボード操作でスムーズになりました。

複数行のテキストをペーストして複数項目を一度に追加
改行を含むテキストをペーストした際も、改行箇所で新しい項目行となって項目が追加されるようになりました。これにより、複数の項目を一度に追加できるため、項目数が多いフィールドをExcelなどからコピーして一度に項目を増やすことができるようになりました。

詳しい操作方法はkintoneアップデート情報に動画がございますので、ご覧ください。

アクションの設定で、「コピー先のアプリ」の候補リストからアプリを開けるように

「関連付けるアプリ」を選択する前にアプリを開ける機能は、2022年12月版にてルックアップ・関連レコード一覧フィールドでリリース済みでしたが、今回のアップデートではアクションの作成・編集画面のコピー先アプリの設定において、アプリ一覧に「アプリを開く」ボタンが追加されました。

【アップデート前】
アクションを設定したいアプリからはデータのコピー先のアプリを確認できず、事前にデータのコピー先のアプリを探して確認する必要がありました。

【アップデート後】
アクションの作成・編集画面のコピー先のアプリ設定画面のアプリ選択において、アプリ名にカーソルを合わせると「アプリを開く」ボタンが表示されます。
これにより、関連づけるアプリを選択する前にアプリを確認できることで、参照先のアプリが間違えていないか、安心して設定を進められるようになります。

写真や動画ファイルのアップロード時に、「写真選択ツール」が利用できるように(Andoroid)

Android版 kintoneモバイルアプリにおいて、レコードに写真や動画ファイルをアップロードする際、従来のファイルアプリからファイルを選択する方法に加えて、新たにAndroid OSから提供されている「写真選択ツール」を利用できるようになりました。

※この新機能の利用には、モバイルアプリのアップデートが必要です。
 この新機能を含むモバイルアプリのアップデートの配信は、11月中を予定しています。

【アップデート前】
「ファイルを選択」を選んだ場合、「ファイルアプリ」が開き、適宜フォルダを移動して、目的の写真ファイルを選ぶ必要がありました。

【アップデート後】
レコードに写真や動画ファイルをアップロードする際、「写真選択ツール」を利用できるようになりました。これにより、Android端末から写真や動画ファイルをアップロードする作業が、よりスムーズに行えるようになります。

※アップデート後に写真を追記予定です。11/30に追記

その他アップデート

  • チェックボックス/複数選択フィールドの設定UI改善
    他フィールドの初期値設定のUIに揃え、設定項目の気づきにくさや分かりにくさが低減されました。

そのほかに、以下の2点もアップレードされました。

詳しくは11月アップデート情報をご確認ください。

おわりに

今回のアップデートでは、計算式の設定時に関数やフィールドコードの入力候補が表示されるようになり、さらに計算式の設定がわかりやすくなりました。
また、ドロップダウン等の選択肢系フィールドの設定で、項目を一括で追加できる・初期値のUIがわかりやすくなったりと、今までつまずきやすかった点がユーザー目線でとても使いやすくなりました。

弊社では初回開発無料の定額39万円でkintoneアプリを開発する定額型開発サービス「システム39」を提供しております。kintoneの導入やアプリ開発でお困りな方は、お気軽にご相談ください。
*Webでの打ち合わせも可能です。

   kintoneのアプリ開発はこちら <相談無料>    

関連記事

同じカテゴリーの記事