kintone(キントーン)の10月のアップデートで、より便利に使える機能が増えましたのでご紹介したいと思います。

今回アップデートされた内容のうち、以下についてご紹介します。
・フォーム画面でフィールドを1行ずつまとめて移動可能に
・フォーム画面でテーブルの移動が可能に
・一覧設定画面でフィールドが配置しやすくなった
・ルックアップの選択ダイアログの見出し行が固定に

フォーム画面でフィールドを1行ずつまとめて移動可能に

以前は、フィールドは1つずつしか移動ができない仕様でしたが、今回のアップデートにより横1行をまとめて移動させることができるようになりました。
移動させたい行の余白部分にカーソルを合わせ、ドラッグ&ドロップすることで配置を変更することができます。

実際の業務で使いやすいアプリを作成するためには、フィールドの配置の仕方も重要なポイントになります。
1行ごとにまとめて移動できることで、「ここに置いたらどうかな?やっぱりこっちがいいかな?」と全体の配置を考えながらアプリの作成ができそうです。

フォーム画面でテーブルの移動が可能に

テーブルも移動が出来るようになりました。
テーブル自体ではなく、テーブルの横の余白の部分にカーソルを合わせ、ドラッグ&ドロップすることで配置を変更することができます。

一覧設定画面でフィールドが配置しやすくなった

一覧設定画面で、フィールドの項目部分が固定表示され、フィールド配置部分が横スクロールできるようになりました。

一覧を作る際、左側から項目を置いて並べることが多いと思いますが、今までは、項目が増えるとクリックしたまま画面が移動するのを待っていなくてはいけないため、かなり手間がかかっていました。
今回のアップデートにより、追加したいところまでスクロールした後項目を追加できるので、ストレスなく作業することができるようになりました!

ちなみに、フィールド数が多い場合には、以下のような設定の仕方がおすすめです。
フィールドが多い一覧を簡単に作成する方法

ルックアップの選択ダイアログの見出し行が固定に

ルックアップの選択ダイアログで見出し行が固定表示になりました。
表示項目が多い場合などは、項目名が見えた方がより探しやすくなるのではないでしょうか。

今回のアップデートでは、フォーム画面や一覧設定画面がとても使いやすくなりました。
マウス操作で直感的に業務に合ったシステムが作成できることがkintoneの強味なので、アプリの作成や改修がよりスムーズに行えることがユーザーから求められていると思います。今後も使いやすい機能が追加されることを楽しみにしています!

弊社では初回開発無料の定額39万円でkintoneアプリを開発する定額型開発サービス「システム39」を提供しております。kintoneの導入やアプリ開発でお困りな方は、お気軽にご相談ください。

関連記事

 


株式会社ジョイゾー