kintone(キントーン)の9月のアップデートで、より便利に使える機能が増えましたのでご紹介したいと思います。

今回アップデートされた内容のうち、以下についてご紹介します。
・ルックアップダイアログの改善
・一覧のブラウザ印刷で2ページ目以降もフィールド名が表示されるように
・アプリの一覧の改善
・モバイル版のスペース内検索対応
・モバイル版のレコード編集/追加時にもパンくずリストを表示

ルックアップダイアログの改善

ルックアップフィールドでデータを取得する際に、ダイアログボックスが表示されます。今までは選択肢が多い場合、ページ送りボタンを押して次のページをわざわざ表示させて確認する必要がありました。このページ送りボタンですが、私は最初その存在を知らなかったため次のページがあることに気づかず、選択したいデータを見つけられなくて困った経験があります。

【アップデート前】

今回のアップデートによって、ページ送りボタンがなくなり、スクロールバーで全ての選択肢を表示させることができるようになりました。小さな変化かもしれませんが、こういった細かい改善によって日々の業務の能率が上がっていくのだと思います。
また、件数表示の追加や、ダイアログボックス幅の増大が実施されました。

【アップデート後】

一覧のブラウザ印刷で2ページ目以降もフィールド名が表示されるように

今までは、レコード一覧をブラウザの印刷機能を使って印刷しようとすると、ブラウザによっては2ページ目以降のフィールド名が表示されないものがありました。今回のアップデートにより2ページ目以降にもフィールド名が表示されるようになりました。
例えば、セミナー申込みアプリの一覧を用紙に印刷して、セミナー当日の参加者名簿として利用するといった活用も簡単に行えます。

また、ブラウザからPDFファイルとして保存することも可能です。

アプリの一覧の改善

アプリの一覧でアプリ作成者が表示されるようになりました。
必要のないアプリを整理する際に、誰が作成したアプリなのか分かれば、使っているものなのか不要なのか本人に確認が取れるので便利だと思います。
また、1ページあたりの表示件数が以前は20件でしたが500件に増えました。

kintoneシステム管理者>アプリ管理>アプリの一覧

モバイル版のレコード編集/追加時にもパンくずリストを表示

モバイル版のレコード編集/追加時の画面にもパンくずリストが表示されるようになりました。

モバイル版のスペース内検索対応

今までモバイル版では全体検索やアプリ内検索はできましたが、スペース内検索はできませんでした。
今回のアップデートにより、スペースに虫眼鏡マークが追加され、そこからスペース内検索ができるようになりました。

モバイルは版はどんどんPC版に近い仕様に変わっていきますね。今後もどんなアップデートがあるのか楽しみです!

弊社では初回開発無料の定額39万円でkintoneアプリを開発する定額型開発サービス「システム39」を提供しております。kintoneの導入やアプリ開発でお困りな方は、お気軽にご相談ください。

関連記事

 


株式会社ジョイゾー