kintone(キントーン)の11月のアップデートで、より便利に使える機能が増えましたのでご紹介したいと思います。

今回アップデートされた内容のうち、以下についてご紹介します。
・保存済みのテーブル内フィールドが移動可能に
・レコードのURLをコピーできる機能を追加
・ルックアップの選択ダイアログで画像の拡大表示
・カレンダー形式の一覧で今日の日付が強調表示されるように
・モバイルでもカレンダー形式の一覧が利用可能に
・ヘルプボタンから製品サイトやkintone APIドキュメントサイトへアクセスできるように

保存済みのテーブル内フィールドが移動可能に

以前は、保存済みのテーブルはフィールドの並び順を変更できない仕様でしたが、今回のアップデートにより、並び替えができるようになりました。
移動させたいフィールドにカーソルを合わせ、ドラッグ&ドロップすることで配置を変更することができます。

レコードのURLをコピーできる機能を追加

アプリのレコードのURLをコピーできるようになりました。
レコード詳細画面の「・・・」をクリックすると、「レコードのリンクをコピー」ボタンが出現しますのでクリックします。
「リンクがコピーされました」というメッセージが出てくればコピーできているので、メールなど貼り付けたい場所にペーストします。

今までもWebブラウザのアドレスバーからURLをコピーすることはできましたが、その場合はURLが長くなってしまっていました。
今回追加された「レコードのリンクをコピー」ボタンを使用してコピーすることで、短いURLでコピーができるので、メールやチャットなどに貼り付けた場合もスッキリとした見た目になります。

なお、この機能はモバイル版でも利用可能になりました。
PC版と同様に「レコードのリンクをコピー」ボタンから簡単にコピーができます。

ルックアップの選択ダイアログで画像の拡大表示

ルックアップの選択ダイアログで添付ファイルフィールドのサムネイル画像を拡大表示できるようになりました。
サムネイル画像は小さいので、今まではルックアップの選択ダイアログに画像を表示してもあまり意味が感じられませんでしたが、大きく表示ができることで写真や細かい内容の画像も確認しながら選択できて便利ですね。

カレンダー形式の一覧で今日の日付が強調表示されるように

「カレンダー形式」の一覧で、今日の日付に色がつくようになりました。
アプリを開いてすぐに今日入っている予定が一目が分かります。

モバイルでもカレンダー形式の一覧が利用可能に

モバイル版(ブラウザでのモバイル表示、モバイルアプリ)でも、「カレンダー形式」の一覧が利用できるようになりました。
日々の予定はパソコンよりもスマートフォンなどで確認できた方が便利ですし、外出先でもイベントの振り返りやメモなどを記入しやすくなりパソコンを開く手間を減らすこともできそうです。

[アップデート前]

[アップデート後]

ヘルプボタンから製品サイトやkintone APIドキュメントサイトへアクセスできるように

kintoneのヘルプボタンから見れる項目が増えました。kintoneの機能やアップデート情報などにアクセスしやすくなりました。

今回は、保存済みのテーブル内フィールドが並び替え可能になったことが個人的に嬉しいアップデートでした。
すでに運用開始していてデータ登録済のアプリの場合、フィールドを作り直すとなると登録していたフィールドのデータが消えてしまうのでとても手間ですよね。
今回のように、後からフォームを改修しやすくなるアップデートを今後も期待したいと思います!

弊社では初回開発無料の定額39万円でkintoneアプリを開発する定額型開発サービス「システム39」を提供しております。kintoneの導入やアプリ開発でお困りな方は、お気軽にご相談ください。

関連記事

 


株式会社ジョイゾー