kintone(キントーン)の4月のアップデートで、より便利に使える機能が増えましたのでご紹介したいと思います。

今回アップデートされた内容のうち、以下についてご紹介します。
テーブルがドラッグアンドドロップで作成可能に
関連レコード一覧の「一度に表示する最大レコード数」が最大50件まで選択可能に
アプリの動作テスト内のレコード一覧画面からも列幅設定機能が利用可能に
お知らせ掲示板などの入力欄のサイズを拡大

テーブルがドラッグアンドドロップで作成可能に

今までのテーブル作成方法は、最初にテーブルに含めるフィールドを横一行に並べ、「この行をテーブルにする」をクリックするという手順のみでした。

今回のアップデートによりテーブルフィールドが追加され、ドラッグアンドドロップでフィールドをテーブル化できるようになりました。
まず最初にテーブルフィールドをフォームに配置します。

テーブルフィールドの上に、必要なフィールドをドラッグアンドドロップで追加していきます。

テーブルが完成しました。

※フィールドを配置してからテーブルに変換する作成方法も、引き続き利用可能です。

関連レコード一覧の「一度に表示する最大レコード数」が最大50件まで選択可能に

今までは、関連レコード一覧の「一度に表示する最大レコード数」で選択できる件数は最大30件でしたが、今回のアップデートにより最大50件まで選択できるようになりました。

これにより、当月分(最大31日)の情報を関連レコード一覧で表示させる、といった使い方もできるようになります。
例えば、安否確認アプリで過去の安否報告履歴を関連レコード一覧で表示させているとします。
関連レコード一覧の設定内「さらに絞り込む条件」で、日時が今月に等しいという条件を設定します。

1か月分(31日分)の情報が一覧表示されました。

アプリの動作テスト環境でも一覧画面からフィールドの列幅を設定可能に

3月のkintoneアップデートで、レコード一覧の各フィールドの列幅を設定できる機能が追加されました。

▼詳しくはこちらのブログをご覧ください。
kintoneの関連レコード一覧でルックアップフィールドが設定可能に【2020年3月アップデート機能】

今回のアップデートにより、アプリの動作テスト環境でもレコード一覧から各フィールドの列幅を設定できるようになりました。
例えば、新しい一覧をテスト環境で作成し、列幅を調整してから本番アプリに反映させることができます。

お知らせ掲示板などの入力欄のサイズを拡大

今回のアップデートにより、以下の入力欄が広くなり、入力しやすくなりました。
・お知らせ掲示板
・ラベルフィールド
・文字列(複数行)フィールドの初期値
・リッチエディターの初期値
・アプリの説明

【お知らせ掲示板】 

【ラベル】

【文字列(複数行)】

【リッチエディター】

【アプリの説明】

おわりに

4月のアップデートでは、テーブル作成や関連レコード一覧の改善などが実施されました。
業務に合ったアプリ構築がより簡単にできるよう、今後も使いやすい機能が追加されることを楽しみにしています!

弊社では初回開発無料の定額39万円でkintoneアプリを開発する定額型開発サービス「システム39」を提供しております。kintoneの導入やアプリ開発でお困りな方は、お気軽にご相談ください。
*Webでの打ち合わせも可能です。

関連記事

 


株式会社ジョイゾー